「5-ALA(天然アミノ酸)」(5-アミノレブリン酸)

(実際に購入したサプリ・左:ネオファーマ製・右:DHC製)

「5-アミノレブリン酸」通称「5-ALA」

「5-アミノレブリン酸」通称「5-ALA」は、納豆などの発酵食品に多く含まれる天然のアミノ酸で、ミトコンドリアがエネルギー生産するために不可欠な物質。加齢とともに体内量が減少する。

  • 5-ALAは光線力学的診断法(PDD photodynamic diagnosis)の術中蛍光診断診断薬として、40年前から臨床応用されており、また、サプリメントとしても市販されて10年が経過しているので安全性は高いとされる。
  • 2020年10月29日、国立大学法人長崎大学とネオファーマジャパン株式会社は、NPJが研究・開発・製造を行う5-アミノレブリン酸(5-ALA)を用いて、新型コロナウイルス感染症(COVID-19)患者を対象とした特定臨床研究を開始することになったと発表した。

引用 長崎大学 https://www.nagasaki-u.ac.jp/ja/news/news3201.html

 

個人的コメント

  • 5-ALAは、ミトコンドリアの活性化し、体内のエネルギー(ATP)生産を高めるとされる。ミトコンドリアが活性化すれば、人体の糖をより多く消費する。
  • 5-ALAに鉄を加えると、体内でヘムという物質になり、このヘムにグロビンというタンパク質が結合することで、酸素を運搬するヘモグロビンとなる。ヘモグロビンが増加することにより、体内の細胞への酸素供給量が増加する可能性がある。
  • ミトコンドリアがエネルギー(ATP)生産する際に代謝水が細胞内に放出され、体内の水分量を細胞レベルから増加させる可能性がある。これは、外部から水分を摂取するのと違って、直接細胞内の水分量を直接増加させると考えられる。
  • 血中BCAAの濃度が高いと筋肉が増加するが、BCATという酵素は逆に筋肉を分解する。5-ALAを摂取するとBCATの働きを抑制するので、結果的に筋肉が増加する可能性がある。

参照 ネオファーマジャパン https://www.neopharmajp.co.jp/5ala

 

実際に購入したサプリ(1カプセル50mg 60日)

  • 楽天の「フェアリーフォレスト」さんから過去7回購入してますが、毎回当日または翌日配送でした。
  • 宅急便コンパクト(ヤマト運輸)で送られてくるので、「クロネコメンバーズ」に登録していれば、配達前日にメールで連絡が来て、その時に配達日・時間を指定できる。

 

 

5-ALAに鉄を加えると、体内でヘムという物質になり、このヘムにグロビンというタンパク質が結合することで、酸素を運搬する「ヘモグロビン」となる。ヘモグロビンが増加することにより、体内の細胞への酸素供給量が増加する可能性がある。

実際に、血中酸素飽和濃度をパルスオキシメーターで計測すると、以前は96%~97%だったが、5-ALAを約300mg(1日50mg×6日)飲んだ後98%と表示されることが多くなった。ちなみに正常値は95%~99%。

 

5-ALAが含まれる食品(100g当たり)

出典 SBI Pharma(1000㎍=1mg)
食品名(100g当たり)5-ALA量(㎍)食品名(100g当たり)5-ALA量(㎍)
日本酒70~353牛ひき肉9.8
ワイン110~173豚ひき肉5.6
黒酢150春菊5.2
たこ78.4大豆5.0~7.0
いか38.4鶏ひき肉4.3
バナナ31.6きゅうり2
しいたけ5~45キャベツ1.3
納豆25玉ねぎ1.1
醤油22豆腐1
ソース21.2りんご0.8
ピーマン18.1まぐろ(赤身)0.8
ほうれん草13.8人参0.8
巨峰13.6牛ばら肉0.8
トマト9.8白菜0.7
じゃがいも7.0~9.0昆布0.7
さけ・ます0.2
  • 上記データから逆算すると5-ALAを1mg摂取するには、納豆4kgを食べる必要がある。
  • 市販されている5-ALAサプリメントは1カプセル当たり15mg~50mgの含有量。

 

5-アミノレブリン酸(5-aminolevulinic acid、5-ALA)の成分

  • 5-ALAは、グリシンとスクシニルCoAを縮合させて合成する
  • スクシニルCoA(スクシニルコエンザイムA)は補酵素Aとコハク酸からなる有機化合物
  • コハク酸は、貝のうまみ成分
  • 補酵素Aは、パテトテン酸(ビタミンB5)、アデノシンリン酸、システアミンから構成される。
  • システアミンは、システインの分解生成物
error:Content is protected !!
タイトルとURLをコピーしました