イオンスタイル東淀川豊新(仮称)2022年度下期開業(大阪市東淀川区)「都市型商業施設イオンそよら」か?

2022年度下期、イオンスタイル東淀川豊新(仮称)が大阪市東淀川区に開業する。

場所は、JR(おおさか東線)「淡路駅」から東へ徒歩10分、阪急(京都線)「上新庄駅」から徒歩13分の「旧名鉄運輸跡地」。

引用 医院開業 navi https://www.iinkaigyo-navi.net/kensaku/osaka/buken/k2031.html

イオンスタイル東淀川豊新(仮称)概要

店舗名イオンスタイル東淀川豊新(仮称)
所在地大阪市東淀川区豊新2丁目12-1(旧名鉄運輸跡地)
敷地面積約5,000㎡(当ブログ推定)
階数地上2階建(立駐1層 屋上駐車場あり)
駐車場388台
アクセス
  • JR(おおさか東線)「淡路駅」から東へ徒歩10分
  • 阪急(京都線)「上新庄駅」から徒歩13分
開業予定2022年度下期

 

当ブログの予想

イオンが展開する都市型商業施設「イオンそよら」となるのではないか?

ちなみに、2020年3月に開業した「イオンそよら海老江(大阪市福島区)」も計画段階の施設名は「イオンスタイル海老江(仮称)」だった。

「イオンスタイル(食品スーパー)」をキーテナント(核店舗)として、ドラッグストア、飲食店、クリニックも入居すると予想される。

生活に密着した都市型モールで、地域の利便性や魅力度が向上すると思われる。

いままでの都市型商業施設「イオンそよら」の立地は駅から徒歩5分圏内で駐車場台数は100台程度だった。

しかし「イオンスタイル東淀川豊新(仮称)」は最寄り駅から徒歩10分なので、駐車場台数は388台とかなり台数が多く、より広域から集客できるのではないか?

「イオンそよら」の標準的規模

施設名イオンそよら
出店地域三大都市圏及び政令指定都市の中心地
名前の由来そら、寄って、楽しんでって!
敷地面積5,000㎡~15,000㎡
総賃貸面積10,000㎡前後
核店舗イオンスタイル
テナント数10店~40店
1店舗当たり投資額約30億円
error:Content is protected !!
タイトルとURLをコピーしました