ニュース 話題 大阪市/大阪府

韓国MERSコロナウィルス感染 伊丹空港・神戸空港 国際化は大丈夫か?

韓国で重い肺炎などを引き起こすMERSコロナウイルスの感染が広がっている。

中東のクウェートからUAE(アラブ首長国連邦)を経由して2018年9月7日に韓国に帰国した60代の男性が、下痢の症状が見られたため病院で詳しい検査を受けた結果、重い肺炎などを引き起こすMERSコロナウイルスに感染していることが確認された。

 韓国内では、2015年にMERSコロナウイルスにより38人が死亡した。

スポンサーリンク


MERS(中東呼吸器症候群)

ヒトコブラクダから感染し、ヒトからヒトへも飛沫感染・接触感染により広まる。

伊丹空港・神戸空港に国際線就航する動きがあるが、検疫体制は大丈夫なのか?

もし、急いで不十分体制で国際化した場合、感染者が通勤電車に乗車し、かなりの感染者を出すのではないか?

関連コンテンツ



-ニュース 話題, 大阪市/大阪府

error: Content is protected !!