アロフト大阪堂島(Aloft Osaka Dojima) 2021年2月開業予定 【305室 ライフスタイルホテル】旧堂島ホテル建替計画

2020年6月撮影

大阪の旧堂島ホテル跡地に「アロフト大阪堂島(Aloft Osaka Dojima)」が2021年2月に開業する予定。

建物の規模は、14階建・高さ55m・305室で、設計は梓設計・戸田建設、施工は戸田建設が担当する。

アロフト大阪堂島(Aloft Osaka Dojima) 物件概要
名称アロフト大阪堂島(Aloft Osaka Dojima)
所在地大阪市北区堂島浜2丁目1番2
用途ホテル
敷地面積1,607.68㎡
建築面積1,178.30㎡
延床面積14,083.13㎡
容積率対象面積12,817.82㎡
高さ55.30m
構造鉄骨造
階数地上14階
客室数305室
建築主アール・アンド・ケイ
設計梓設計・戸田建設大阪支店一級建築事務所
施工戸田建設
着工予定2019年1月5日
竣工予定2020年12月20日

立面図

 

配置図

アクセス

「アロフト(ALOFT)ホテル」は、マリオット・インターンショナルが展開するアップスケールホテルブランドで「ライフスタイル提案型ホテル」となる。

アロフト大阪堂島(Aloft Osaka Dojima)の設備予想
  • The Warehouse(セミオープンキッチンのビュッフェレストラン)
  • Re:mix lounge (宿泊者用ラウンジ)
  • W XYZバー   (ライブ演奏を楽しめるバー&ラウンジ)
  • フィットネスセンター
  • ビジネスセンター(設置の可能性は低い)

ライフスタイルホテルとは、主としてミレニアム世代(1980年~2000年生まれ)を顧客層としたホテルで、デザイン性が高く、宿泊だけでなく仕事や遊びにもアクティブな空間を演出する。言わば、暮らすように滞在できるホテルで、地元客もサード・プレイスとしての利用を通じて取り込むことで、他都市を訪問しても「そのホテルブランド」を選択することを期待している。

 

スキーム 三菱UFJリース系列の特別目的会社「アール・アンド・ケイ」(東京)が土地・建物を所有し、「ウェルス・マネジメント社」がホテル運営を担当する。

2020年開業予定の「アロフト東京銀座」(205室)に次ぐ、日本国内2番目となるが、客室数は(仮称)アロフト大阪堂島の方が305室と多い。

2020年6月(北側から撮影)

 

2020年6月(北側低層階の外壁は石素材のようだ)

 

2020年6月(南側から撮影)

 

現地の「労災保険関係成立票」の期限は2020年11月30日となっている。

マリオット・インターナショナル社 概要

名称マリオット・インターナショナル社
英語表記MARRIOTT INTERNATIONAL, INC.
設立1927年
所在しアメリカ合衆国
業容130ヵ国(地域)以上に6,900を超える宿泊施設を展開

 

Aloft Hotels(アロフト・ホテル)概要
名称アロフト・ホテル
英語表記Aloft Hotels
業容20ヵ国に150軒のホテルを展開
日本での展開東京銀座に日本1号店「アロフト東京銀座」を建設中
特徴デザインで他のホテルと差別化
テクノロジー志向
現代的なホテルライフを提供

 

アロフト東京銀座

アロフト東京銀座」は、2020年に開業する予定で、スイートルーム4室を含む全205室となる。

error:Content is protected !!
タイトルとURLをコピーしました