(仮称)アパホテル&リゾート大阪難波駅タワー(34階 2,064室)2023年秋開業【JR難波駅東側】

 

アパホテルは、JR難波駅の東側に西日本最大となる「(仮称)アパホテル&リゾート大阪難波駅タワーを2023年秋に開業する。

ホテルの規模は、地上34階建、客室数(2,064室)で西日本最大となる。

グループ会社の「アパホーム」がホテル建設用地を取得した。

引用・参照

2019年11月(駐車場になっている)

 

2019年11月

 

2019年11月

スポンサーリンク



(仮称)アパホテル&リゾート大阪難波駅タワー 物件概要

名称(仮称)アパホテル&リゾート大阪難波駅タワー
所在地大阪市浪速区湊町一丁目5番33
用途ホテル
敷地面積3,306,12㎡
建築面積
延床面積約38,000㎡
客室数2,064室
階数地上34階
高さ
施工
着工予定
竣工予定2023年秋

アクセス

コメント

「アパホテル&リゾート大阪梅田駅タワー(1,709室)」が2022年末に開業予定で、本件物件は1年遅れとなる。

2つのタワーホテルの規格を統一してコスト削減を図る可能性もある。

error:Content is protected !!
タイトルとURLをコピーしました