アパホテル & リゾート大阪梅田駅タワー 2022年11月竣工予定【34階建 1,704室】

完成予想図

  • アパホームは、大阪市北区曽根崎2丁目に「アパホテル&リゾート大阪梅田駅タワー」を建設する。
  • 建物の規模は、地上34階建・高さ123m・1,704室で、設計はIAO竹田設計が担当する。
  • 2020年8月下旬に着工し、2022年11月上旬に竣工する予定。
  • 竣工時はアパホテルとして西日本最大客室数となるが、2023年秋には「アパホテル&リゾート大阪難波駅タワー」2,064室が開業し西日本2番目の規模となる。
  • 建設予定地は大阪メトロ「東梅田駅」から徒歩2分、JR大阪駅からも徒歩6分の好立地。

 

2020年7月撮影

写真の建設中の建物は住友不動産の梅田曽根崎計画(56階建・高さ191m)

 

アパホテル&リゾート梅田駅タワー 物件概要
名称アパホテル&リゾート大阪梅田駅タワー
所在地大阪市北区曽根崎2丁目1番他
用途ホテル
敷地面積3,127.33㎡
建築面積1,622.48㎡
延床面積35,602.36㎡
容積対象面積31,245.10㎡
構造鉄骨造
高さ122.65m
階数地上34階
客室数1,704室
着工2020年8月
竣工2022年11月上旬

東立面図

配置図

アクセス

JR大阪駅から徒歩6分、大阪メトロ東梅田駅から徒歩2分、JR東西線北新地駅から徒歩4分

2020年7月撮影

建設予定地では、ボーリング調査が2019年7月頃に実施された。アパホテルの場合、着工の直前まで駐車場として収益を上げることが多い。

 

現地配置図を加工

 

2019年11月撮影

 

2020年7月撮影

 

2020年7月撮影

コメント

ちなみに、2019年9月20日に開業した「アパホテル&リゾート横浜ベイタワー」は地上35階・2311室。

error:Content is protected !!
タイトルとURLをコピーしました