ニュース 話題 ホテル 大阪市・大阪府

アパホテル & リゾート梅田駅タワー 2022年末開業予定【33階建 1,657室】

投稿日:

完成予想図

アパグループは、大阪市北区曽根崎2丁目に、33階建 1,657室の「アパホテル&リゾート梅田駅タワー」の建設を計画している。

開業は2022年末の予定で、アパホテルとして西日本最大客室数となる。

建設予定地は大阪市北区曽根崎2丁目の駐車場(敷地面積 3,199.81平米)で、以前、ワイズホールディングスがホテル建設を計画していた。

その時のプランではホテルの延床面積は34,000平米だった。

 

2019年11月撮影

 

2019年7月撮影

ボーリング調査が2019年7月頃に実施された。

 

2019年11月撮影

2019年11月現在、建設予定地は駐車場のままで、目立った動きはない。

 

2019年11月撮影

 

コメント

建設予定地の北側に駐車場がある。

個人的な感想だが、隣接地の駐車場も一体開発すればより大規模なホテルを建設できると思う。

ちなみに、2019年9月20日に開業した「アパホテル&リゾート横浜ベイタワー
」は地上35階・2311室。

建設予定地はJR大阪駅からも徒歩6分の好立地で駐車場のままでも損失はないと思われる。

2025年の大阪・関西万博までに完成させるためには、2021年頃に着工すればいいという経営判断かもしれない。

 

アパホテル&リゾート梅田駅タワー 物件概要

名称 アパホテル&リゾート梅田駅タワー
所在地 大阪市北区曽根崎2丁目1番他
用途 ホテル
敷地面積 3,199.81平米
階数 地上33階
開業 2022年末

アクセス

JR大阪駅から徒歩6分、大阪メトロ東梅田駅から徒歩2分、JR東西線北新地駅から徒歩4分

アドセンス

スポンサーリンク



アドセンス

スポンサーリンク



関連コンテンツ



-ニュース 話題, ホテル, 大阪市・大阪府

error: Content is protected !!

Copyright© 関西散歩ブログ , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.