ニュース 話題 ホテル 大阪市/大阪府

【2020年1月開業】シタディーンなんば大阪 300室【高島屋東別館リノベーション】

2019/08/16

2019年7月南西から撮影

高島屋とアスコット社(シンガポール)は高島屋東別館(大阪市浪速区)をリノベーションし、「シタディーンなんば大阪」(客室数300室以上)として2020年1月に開業する予定。長期滞在の訪日外国人や国内のビジネス客の利用を想定している。

南海電鉄、大阪メトロ「なんば駅」から徒歩10分。

シンガポールのアスコット社が世界展開する滞在型ホテル「シタディーン」(citadines)ブランドで、ジム、会議室、シェアキッチン付きラウンジ、キッズルームなどの施設を設置する。

 

完成予想図

 

2019年7月(西面を撮影)

「高島屋東別館」は昭和初期のアールデコ調の名建築で、現在の外壁デザインを生かしたリノベーションとなる。

 

2019年7月北西から撮影

 

2019年7月(北西から撮影)

「citadines」「高島屋東別館」「高島屋資料館3階」の3つサインボードが設置されている。

 

2019年7月と2019年4月

「東京チカラめし」さんの屋外看板の一部が白塗りになっている。一時的なものかどうかは調査中。

 

周辺の道路(なんさん通り)の様子

南海電鉄「なんば駅」から、ホテルに行くには「なんさん通り」を通るが整備されていない。

電柱地下化をして、ホテル客や買物客を「なんば」から「日本橋」へ回遊させる必要がある。

 

出典 大阪府

「なんば」から「日本橋」を経由し「あべのハルカス」までの5kmの区間に「次世代路面電車( LRT)」を建設する提案もある。

スポンサーリンク


「シタディーンなんば大阪」 物件概要

施設名 シタディーンなんば大阪
住所 大阪市浪速区日本橋3丁目5-25
客室数 300室以上
開業日 2020年1月

 

高島屋東別館

高島屋東別館は昭和初期(1928年~1937年)に松坂屋大阪店として建設され、地上8階、地下3階建で、1966年の閉店後に高島屋が引継、高島屋史料館や事務所として使用してきた。

 

日本でのシタディーンホテル

  • 「シタディーン京都」(京都市烏丸五条)
  • 「シタディーン新宿」(東京)
  • 「シタディーンセントラル新宿東京」(東京)
  • 高島屋東別館の「シタディーン」は日本で4軒目となる

アクセス

関連コンテンツ



-ニュース 話題, ホテル, 大阪市/大阪府

error: Content is protected !!