ニュース 話題 ホテル 大阪市・大阪府

シタディーンなんば大阪(313室)2020年1月18日開業【高島屋東別館リノベーション】

更新日:

2019年11月(南西から撮影)

高島屋とアスコット社(シンガポール)は高島屋東別館(大阪市浪速区)をリノベーションし「シタディーンなんば大阪」(客室数313室)として2020年1月18日に開業する。

(ただし、2020年1月20日オープンという情報もある)

シンガポールのアスコット社が世界展開する滞在型ホテル「シタディーン」(citadines)ブランドで、ジム、会議室、シェアキッチン付きラウンジ、キッズルームなどの施設を設置し、客室面積は20平米~73平米。

数日から1週間程度連泊する訪日外国人や国内のビジネス客の利用を想定しており、宿泊客に対して高島屋での買物優待を検討している。

場所は、南海電鉄、大阪メトロ「なんば駅」から東へ徒歩10分。

建物の規模は高島屋東別館全体で約41,000平米で「シタディーンなんば大阪」の賃貸面積は約17,000平米。

施工は竹中工務店が担当する。

 

客室イメージ

 

完成予想図

 

2019年11月(西面を撮影)

「高島屋東別館」は昭和初期のアールデコ調の名建築で、現在の外壁デザインを生かしたリノベーションとなる。アーチが見える。

 

2019年11月(西面エントランス)

ホテルエントランスは建物の南寄りの位置にある。

 

2019年11月(南面を撮影)

 

2019年11月

南面1Fにはレストランが入居する

 

2019年11月(東面を撮影)

 

2019年11月(北西から撮影)

 

2019年10月(北西から撮影)

「citadines」「高島屋東別館」「高島屋資料館3階」の3つサインボードが設置されている。

 

高島屋東別館

高島屋東別館は昭和初期(1928年~1937年)に松坂屋大阪店として建設され、地上8階、地下3階建で、1966年の閉店後に高島屋が引継、高島屋史料館や事務所として使用してきた。

 

周辺の道路(なんさん通り)の様子

南海電鉄「なんば駅」から「シタディーンなんば大阪」に行くには「なんさん通り」を通るが、あまり整備されていない。

電柱地下化をして、ホテル客や買物客を「なんば」から「日本橋」へ回遊させる必要がある。

シタディーンなんば大阪 概要

施設名 シタディーンなんば大阪
住所 大阪市浪速区日本橋3丁目5-25
建物延床面積 41,337.68平米
施設延床面積 19,277.39平米
客室数 313室
開業日 2020年1月18日

 

日本でのシタディーンホテル

  • 「シタディーン京都」(京都市烏丸五条)
  • 「シタディーン新宿」(東京)
  • 「シタディーンセントラル新宿東京」(東京)
  • 高島屋東別館の「シタディーンなんば大阪」は日本で4軒目となる

アクセス

アドセンス

スポンサーリンク



アドセンス

スポンサーリンク



関連コンテンツ



-ニュース 話題, ホテル, 大阪市・大阪府

error: Content is protected !!

Copyright© 関西散歩ブログ , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.