ニュース 話題 ホテル 大阪市/大阪府

【2020年末開業予定】(仮称)堂島ホテル建替計画 「マリオット系アロフトホテル」2019年1月着工【約300室】

2019年3月撮影

2016年に閉館した旧堂島ホテルの解体工事は完了し、2019年1月に「既存地下躯体撤去工事」の着工をした。

建設工事は、2020年12月20日に竣する予定で、マリオット・インターンショナルが展開するアップスケールホテルブランド「アロフト(ALOFT)」ホテル(約300室)として開業する。

引用・参照

ウエルス・マネイジメント社 リリースPDF

 

コメント

旧堂島ホテルの現在の所有者は三菱UFJリースの不動産会社などが設立した特別目的会社「アール・アンド・ケイ」(東京)で、この特別目的会社が建設費用を集め、建替えすると予想される。

ホテル運営は「ウェルス・マネジメント社」が100%出資するホテル運営会社「ホテルWマネジメント社」が担当すると見られる。

ホテルWマネジメント社はフランスの大手ホテルチェーン「アコーホテルズ(Accor Hotels)」グループのエイ・エイ・ピー・ジャパン株式会社と業務委託契約を締結している。

これらのことから、フランス系アコーホテルブランドのホテルとして開業すると見られていた。

 

マリオット・インターナショナル社 概要

名称 マリオット・インターナショナル社
英語表記 MARRIOTT INTERNATIONAL, INC.
設立 1927年
所在し アメリカ合衆国
業容 130ヵ国(地域)以上に6,900を超える宿泊施設を展開

 

Aloft Hotels(アロフト・ホテル)概要

名称 アロフト・ホテル
英語表記 Aloft Hotels
業容 20ヵ国に150軒のホテルを展開
日本での展開 東京銀座に日本1号店を建設中
特徴 デザインで他のホテルと差別化
テクノロジー志向
現代的なホテルライフを提供

 

アロフト東京銀座

「アロフト東京銀座」は、2020年に開業する予定で、スイートルーム4室を含む全206室となる。

 

建設予定地の北側から撮影(2019年3月)

 

2019年1月撮影

現地の「労災保険関係成立票」の期限は2019年6月30日となっているので、地下躯体撤去に約6ヵ月かかると思われる。

スポンサーリンク


(仮称)堂島ホテル建替計画 物件概要

名称 (仮称)堂島ホテル建替計画
所在地 大阪市北区堂島浜2丁目1番2
用途 ホテル
敷地面積 1,607.68平米
建築面積 1,178.30平米
延床面積 14,083.13平米
容積率対象面積 12,817.82平米
高さ 55.30m
構造 鉄骨造
階数 地上14階
建築主 アール・アンド・ケイ
設計 梓設計・戸田建設大阪支店一級建築事務所
施工 戸田建設
着工予定 2019年1月5日
竣工予定 2020年12月20日

立面図

「東立面図」の窓の数は、横10個×縦13階分=130個、西側も同数とすると、合計260室となる。

実際には、東側と北側が道路に面しているので、部屋の配置は単純ではないが、概算として260室~300室と予想される。

 

配置図

 

 

アクセス

 

旧堂島ホテル

1994年開業し、重厚なファサードから関西財界人、芸能人等も利用していた。

 

コンラッド大阪と比較

名称 延床面積 客室数 客室面積
コンラッド大阪 23,000平米 164室 50平米以上
新ホテル(堂島ホテル建替) 14,083.13平米 260室~300室 約30平米(予想)

一部報道では「外資系高級ホテル」となっているが、客室面積が約30平米と予想され「高級ホテル」とは少し違うような感じがする。

関連コンテンツ



-ニュース 話題, ホテル, 大阪市/大阪府

error: Content is protected !!