ニュース 話題 大阪市/大阪府

堂島ホテル建替え、外資系ホテル2020年開業へ

2017/11/18

2016年に閉館した堂島ホテルが建替えられ2020年に外資系ホテルを誘致して開業する予定。

堂島ホテルの現在の所有者は三菱UFJリースの不動産会社などが設立した特別目的会社「アール・アンド・ケイ」(東京)で、この特別目的会社が建設費用を集め、建替えると予想される。

ホテル運営自体は「ウェルス・マネジメント社」または、そのグループ企業の「ホテルWマネジメント社」が担当すると見られる。

ホテルWマネジメント社はフランスのホテルチェーン「アコーホテルズ」グループのエイ・エイ・ピー・ジャパン株式会社と業務委託契約を締結している。

アコーホテルズ系の「メルキュールホテル」

 

新ホテル建設(堂島ホテル建替)計画概要

敷地面積 1,612平米
延床面積 1万6000平米(推定)
容積率 1000%
客室数 約300室
階数 15階
着工予定 2018年度中
開業予定 2020年

 

コンラッド大阪と比較

名称 延床面積 客室数 客室面積
コンラッド大阪 23,000平米 164室 50平米以上
新ホテル(堂島ホテル建替) 16,000平米(推定) 300室  ---

一部報道では「外資系高級ホテル」となっているが、延床面積に対して客室数が多く「高級ホテル」とは少し違うような感じがする。

 

旧堂島ホテル

1994年開業し、重厚なファサードから関西財界人、芸能人等も利用していた。

関連コンテンツ



-ニュース 話題, 大阪市/大阪府

error: Content is protected !!