ニュース 話題 ホテル マンション 大阪市/大阪府

「(仮称)堂島2丁目計画(高さ195m 49階 ホテルとマンション)」2024年9月竣工予定 【旧電通関西支社ビル跡地】

2019年10月「建設計画のお知らせ」(筆者撮影)

東京建物とシンガポールの不動産大手「ホテル・プロパティーズ(HPL Hotel Properties limited )」は大阪市堂島の旧電通ビル跡地に、450戸のマンションと180室のホテルの 「(仮称)堂島2丁目計画(高さ195m 49階)」を開発する。

2019年12月上旬に着工し、2024年9月下旬に竣工する予定。

設計は日建設計が担当する。新築の施工業者は未定だが、解体工事は竹中工務店が担当している。

 

2019年10月(南東から撮影)

 

配置図

建物の角がR(曲線)になっているようだ。

 

(仮称)堂島2丁目計画(電通関西支社ビル跡地) 物件概要

名称 (仮称)堂島2丁目計画
所在地 大阪市北区堂島2丁目17-5
用途 共同住宅・ホテル
敷地面積 4,828.17平米
建築面積 2,470平米
延床面積 85,000平米
容積対象面積 57,938平米
構造 鉄筋コンクリート造(RC造)
階数 地上49階・地下1階
戸数と客室数 450戸(マンション)・180室(ホテル)
高さ 195.00m
建築主 東京建物
設計 日建設計
施工 未定
着工予定 2019年12月初旬
竣工予定 2024年9月下旬

建築計画のお知らせ

逆算すると容積率は1,200%となる。

 

ホテルとマンションの規模

施設 規模 HPL出資比率 HPL出資額
ホテル 180室 75% 208億5000万円(2億5700万シンガポールドル)
マンション 450戸 25%

立面図を見ただけでは、ホテルの位置はよく分からない。

しかし、一般的にはマンションの方が資金回収が早いので、マンションをメインとした建物が多い。

そうであれば上層階をマンションにした方が販売しやすい。

 

2019年10月現在の状況

旧電通関西支社ビルの地上部分の解体は2019年2月末までに終了した。

その後、2019年3月から「竹中工務店」が地下解体工事の着工しており、2020年2月末までに完了する予定。

「建築計画のお知らせ」では、2019年12月上旬に着工になっている。

 

2019年10月(南から撮影)

 

2019年10月(南から撮影)

 

2019年10月(東側を撮影)

 

2019年10月(周辺のマンション 堂島ザ・レジデンスマークタワー 39階)

 

 

高さ制限195m 容積率1,200%

建設予定地の高さ制限は195mとなっている。

ただし、建物(低層部・中層部)は4mセットバックし、195mの高層部は10mセットバックしなければならない。

また、宿泊施設とにぎわい・交流機能を導入することで、容積率は1,200%まで引き上げられた。

 

 

出典 大阪市

 

出典 大阪市

 

配置図

アクセス

関連コンテンツ

スポンサーリンク





-ニュース 話題, ホテル, マンション, 大阪市/大阪府

error: Content is protected !!