「2025年大阪・関西万博」の交通・鉄道アクセス計画【大阪メトロ・JR・京阪】

出典 日本国際博覧会協会

2025年に開催される大阪・関西万博のアクセス手段として大阪メトロ「中央線」の延伸、阪神高速道路淀川左岸線2期(シャトルバス専用道路)などの整備が進んでいる。

 

2025年大阪・関西万博 開催概要

テーマいのち輝く未来社会のデザイン
コンセプト未来社会の実験場
会期2025年4月13日(日)~2025年10月13日(月)/184日間
会場大阪市花区の人工島「夢洲」
会場面積155ha
アクセス大阪メトロ中央線(北港テクノポート線)延伸・新駅設置予定
経費1,850億円(会場建設)
800億円~830億円(運営費)
来場者数2,800万人
入場料(予想)4,800円(当日・大人)

 

出典 国土交通省

2025年の大阪・関西万博の開催地「夢洲(大阪市此花区)」へのアクセス計画

延伸計画建設費距離完成時期
大阪メトロ(中央線)延伸計画669億円(従来計画540億円)約3km2025年度
阪神高速道路淀川左岸線2期(シャトルバス専用道路)1800億円4.4km

(新大阪駅~万博会場20分)

2025年度
JR(桜島線)延伸計画1,700億円約6km工期9年~11年
京阪(中之島線)延伸計画3,500億円約11km工期10年~11年
  • 大阪メトロ(中央線)延伸計画の建設費は当初540億円と試算されていたが、地中障害物の撤去などで129億円の追加費用がかかると分かった。
  • 「新大阪駅~万博会場」については、2026年度末開通予定の「阪神高速道路淀川左岸線2期」を「シャトルバス専用道路」として前倒しで2025年に開通させ、20分で結ぶ計画。
  • 「JR桜島線延伸計画」と「京阪中之島延伸計画」は2029年にも部分開業すると見られるIR(統合型リゾート)の夢洲への誘致が成功した場合、事業化すると見られる。
  • 2021年8月現在、「大阪メトロ中央線延伸」と「夢舞大橋の拡張(4車線⇒6車線)」のみ事業化の見通しが立っているに過ぎない。
  • 京阪中之島線は、大阪メトロ九条駅経由に変更になったとされるが、正式には路線は決定していないと思われる。

 

鉄道アクセス概要

2025年4月の大阪万博に間に合う鉄道アクセスは「大阪メロト中央線」延伸計画しかない。

JR、京阪の延伸計画は、IR(統合型リゾート)の夢洲誘致が決定してから着工すると見られている。

IRについては、2022年4月28日までに自治体とIR事業者が国に申請し、2022年後半~2023年頃に国が正式に認可する予定で、早くても2029年の部分開業となる。

したがって、JR、京阪の鉄道延伸計画は、2022年後半~2023年頃にIR(統合型リゾート)の夢洲への誘致が決定した後に着工すると見られ、工期は約10年で、2032年頃に完成すると思われる。

 出典 大阪府

2案(京阪中之島線延伸計画)は、現在、大阪メトロ九条駅経由が有力とされる。

 

IRスケジュール

2021年9月頃大阪府市がIR事業者を認定
2021年10月1日~2022年4月28日(IR事業者を決定して)区域整備計画を策定し、国に認定申請する
2022年後半~2023年頃国がIR区域認定(最大3か所)
2020年代後半統合型リゾート(IR)部分開業(最速2028年)

 

error:Content is protected !!
タイトルとURLをコピーしました