ニュース 話題 交通 大阪万博

【2025年】大阪万博の交通・鉄道アクセス計画【大阪メトロ・JR・京阪】

出典 国土交通省

2025年の大阪万博の開催地「夢洲(大阪市此花区)」への鉄道アクセスは大きく3路線が計画されている。

延伸計画 建設費 距離 完成時期
大阪メトロ(中央線)延伸計画 540億円 約3km 2024年度
JR(桜島線)延伸計画 1,700億円 約6km 工期9年~11年
京阪(中之島線)延伸計画 3,500億円 約11km 工期10年~11年

 

2018年11月現在、「大阪メトロ中央線延伸」と「夢舞大橋の拡張(4車線⇒6車線)」の計画が先行している。

「JR桜島線延伸計画」と「京阪中之島延伸計画」は2024年にも開業すると見られるIR(統合型リゾート)の夢洲への誘致が成功した場合、事業化すると見られる。

京阪中之島線は、大阪メトロ九条駅経由に変更になったとされるが、正式には路線は決定していないと思われる。

国土交通省の資料を加工

スポンサーリンク


鉄道アクセス概要

2024年開業予定のIR(統合型リゾート)、2025年の大阪万博に間に合うのは「大阪メロト中央線」延伸計画しかない。

JR、京阪の延伸計画は、IR(統合型リゾート)の夢洲誘致が決定してから着工すると見られている。

IRについては、2019年夏から秋に「カジノ管理委員会」を設置し、IR設置場所の選定基準を策定する予定で、当ブログの予想では2020年~2021年に誘致場所が決定すると思われる。

誘致が決定すれば、3年~4年の工期でIR施設を建設し、2024年頃にIR開業と思われる。

JR、京阪の鉄道延伸計画は、2020年~2021年にIRの夢洲への誘致が決定した後に着工すると見られ、工期は約10年で、2030年頃に完成すると思われる。

 出典 大阪府

2案(京阪中之島線延伸計画)は、現在、大阪メトロ九条駅経由が有力とされる。

関連コンテンツ



-ニュース 話題, 交通, 大阪万博

error: Content is protected !!