フェアフィールド・バイ・マリオット大阪難波 2020年7月1日開業【300室 JR難波駅徒歩5分】

完成予想図

世界最大のホテルチェーンであるマリ オット・インターナショナルの日本初となるブランド「フェアフィールド・バイ・マリオット大阪難波」(Fairfield by Marriott )がJR難波駅から南へ徒歩約5分の場所に2020年7年1日に開業する。

客室数は300室で、設計はIAO竹田設計、施工は信和不動産が担当する。

フェアフィールド・バイ・マリオット大阪難波

完成予想図

 

客室とレストランの完成イメージ

客室の大半は面積21㎡で、キングベット1台、ツインベットタイプ、トリプル対応となる。

宿泊予約サイトの情報では、バスタブ無しのシャワールームタイプの客室のようだ。また、100席規模のレストランやジムも設置する。

 

2019年11月(北側から撮影)

スキーム

プレサンスコーポレーション(大阪市)と信和不動産(豊中市)がホテル建物を建設し、「なんばホスピタリティ」(東京)が建物を借りて運営する。

「なんばホスピタリティ」は「パシフィカ・キャピタル(東京)」の100%子会社。

引用・参照 パシフィカ・キャピタル

http://www.pacifica-cap.com/wordpress/wp-content/uploads/2019/02/dbb84b1d20c176196fc94dc5f1fad757.pdf

ちなみに、パシフィカ・キャピタルは、2018年8月に新大阪駅付近に「オークウッドホテル&アパートメンツ新大阪」を開業している。

 

2019年11月(北側から撮影)

 

2019年11月(北面を撮影)

 

2019年11月(南東から撮影)

 

2019年11月(北東から撮影)

 

フェアフィールド・バイ・マリオット大阪難波
名称 フェアフィールド・バイ・マリオット大阪難波
所在地 大阪市浪速区元町2丁目3番9
用途 ホテル
敷地面積 1,669.33㎡
建築面積 1,168.44㎡
延床面積 11,015.50㎡
容積率対象面積 10,011.87㎡
高さ 49.47m
構造 鉄骨造
客室数 300室
階数 地上14階
建築主 信和不動産・プレサンスコーポレーション
設計 IAO竹田設計
施工 信和建設
着工予定 2019年1月
竣工予定 2020年6月

建築計画のお知らせ

 

立面図

 

配置図

アクセス

error: Content is protected !!