コラム 小説

【小説 第2回作品】G市の「キモイ」おばちゃんに叱られる!【フィクション】

2018/10/31

小説(フィクション)第2作を書きます。

 

G市の新築現場の写真を撮影しようと、歩道(公道)をカメラを持って歩いていた。

すると、後ろで、駐車場から出庫のブザーが鳴った。

後ろを振り返ると、車ではなく人が出て来た。

どうやら、センサーが車ではなく、人に反応したようだ。

 

そして、その人を迎えるために中年女性(40~50歳)が2列で10人程が整列していた。

その異様な光景に、5秒~10秒の間、茫然としていた。

 

すると、1人の中年女性が近寄ってきて「撮影禁止です」と脅迫的に言い放った。

 

もちろん、カメラは持っていたが、撮影はしていない。

しかも、歩道にいた。

 

それに日本では、歩道から街を撮影することは禁止されていない。

 

G市は、軍国主義的な「キモイ」中年女性が公道からの撮影も禁止する異様な街だった。

関連コンテンツ



-コラム 小説

error: Content is protected !!