コラム 小説 ニュース 話題 大阪市/大阪府

【個人ブロガー予想】G20大阪サミット 大阪城記念撮影はあるか?【知らんけど】

2019年6月28日~29日のG20大阪サミットで、大阪城を背景とした記念撮影が話題になっている。

「大阪城を築城した豊臣秀吉が朝鮮出兵したことから韓国の反発が予想される」との朝日新聞の報道をきっかけに、日韓のメディアで取り上げられるようになった。

ちなみに、1995年のAPEC大阪会合では、大阪城で記念撮影したが、韓国に配慮し大阪城天守閣が写らないような構図にしたという。

結論から言うと、G20サミットの主役であるアメリカの「トランプ大統領」次第ということだろう。

トランプ大統領が大阪城を背景として、真ん中で安倍首相と並び、中国の習近平主席、ロシアのプーチンを従えた写真を撮影したいかどうかの問題だ。

トランプ大統領が大阪城で記念撮影したいと言えば、韓国大統領は従うか欠席するしかない。

つまり、韓国の文大統領の意見で撮影場所が変更になることはないだろう。

スポンサーリンク


トランプ大統領の会議参加の目的

トランプ大統領の最大の関心は「2020年11月の大統領再選」だ。そのため、保守層の支持を固める必要がある。

「日本の天皇陛下」や「イギリスのエリザベス女王」と謁見することは、トランプ大統領の支持者である保守層にアピールできる。

実際、来日しても、日米共同声明もなく、天皇陛下との謁見、大相撲観戦、日本の護衛艦「かが」乗船と、まさに「インスタ映え」するようなことしかしていない。

 

ニッポン放送のWEBサイトでは、「(来日の目的は)どちらかと言うと絵(写真)を撮らせるための?」と書いている。

http://www.1242.com/lf/articles/178119/?cat=politics_economy&pg=cozy

 

アメリカ大統領が写真を撮影するためだけに外国を訪問するとは信じがたい。

しかし、米中貿易交渉、北朝鮮問題、イラン問題は、2020年11月の大統領選挙までに解決できる問題ではない。

トランプ大統領の一連の外国訪問は、大統領選挙再選のために、各国元首、首脳との写真を世界に配信することで、「トランプ大統領」は凄いと支持者に思わせる狙いがあると思う。

だとしたら、大阪城をバックに、安倍首相と真ん中に立ち、左右に中国の習近平主席、ロシアのプーチン大統領を従えた「記念撮影」は絶対に撮りたいのではないか?

 

ロジ担当の見方

ネット情報によると、国際会議の日程調整、各国首脳の宿泊手配をすることを外務省では「ロジスティックス」というらしい。

略して「ロジ」と呼び、担当者のことを「ロジ担」という。

ロジ担の目線で予想すると、警備がし易すいのは、「大阪城周辺」と「大阪南港」だと思う。

大阪城は観光客が多いが、数本の橋を警備すればいいし、大阪南港も橋を警備すれば周辺と隔離できる。

大阪南港のハイアットリージェンシー大阪はG20サミット会場の「イテックス大阪」に近いため、ホスト国である日本の外務省職員の拠点となると思われる。

したがって、トランプ大統領は、大阪城に近い「ニューオータニ大阪」に宿泊するのではないか?

会場となる「イッテクス大阪」と「大阪城」の距離は約10kmで車で約30分くらいかかる。

しかし、阪神高速を規制すれば、15分くらいで行けるので、移動時間が問題となることはないだろう。

 

イラン問題

アメリカは中国との貿易交渉、北朝鮮問題と抱えているのに、さらにイラン問題となれば「三面交渉」になってしまう。

敢えて「イラン問題」を問題化する目的は何か?

米中貿易戦争により中国による北朝鮮への圧力が期待できなくなった。そして、北朝鮮はイランへ核兵器・核技術を輸出する懸念がある。

結局、米中貿易戦争、北朝鮮、イランはすべてつながっていると言える。

イランは、 国境の外にイラン親派の組織を置いて、イランという国を防衛する傾向がある。

そもそも、中東諸国の国境は欧米列強が勝手に線引きしたもので、イラン人にとっては現在の国境は絶対的なものではないのかもしれない。

実際、中東には、国境を意識せず、自由に往来する遊牧民も多い。

 

イランはシリア内戦に関してアザト政権側に、数千人の民兵や軍事顧問を派遣している。

また、レバノンのヒズボラ、パレスチナのハマスを長年、支援してきた。

これらのイラン国外の組織への支援は、核武装していると言われるイスラエルに対抗するものと思われる。

トランプ大統領が、シリアへの経済制裁を強化するのはイスラエルとその支援者である国際的金融資本を味方につけ、大統領選挙再選に勝利するためだろう。

 

コメント

2019年6月のトランプ大統領のイギリス訪問は、反対派のデモで屋外で、記念撮影という感じではなかったようだ。

トランプ大統領とって、G20大阪会議は、世界のリーダーということを支持者にアピールする場所にしたいはずだ。やはり、大阪城を背景に屋外で記念撮影するのではないか?

知らんけど、、、

関連コンテンツ



-コラム 小説, ニュース 話題, 大阪市/大阪府

error: Content is protected !!