(JR大阪駅北側・うめきた2期)「USホテル(482室)阪急阪神ホテルズ」2024年下半期開業へ

阪急阪神ホテルズは、JR大阪駅北側の再開発エリア「うめきた2期(南街区)」に「USホテル(アップスケールホテル)」を2024下半期に開業する。

ホテルの規模は482室・延床面積21,740㎡で客室面積は23㎡を中心とする。

付帯施設として、レストラン、バー、ラウンジ、フィットネス等を設置する。

うめきた2期「南街区賃貸棟・東棟」(地上28階・地下3階)の5階~28階に入居し、2023年春に開業する「JR大阪駅(地下駅)」と地下通路で直結する。

アップスケールホテルとは、通常のビジネスホテルとは一線を画したグレードの高いホテルで、阪急阪神ホテルズの「レムプラス」か、それよりもグレードの高い「新ブランドホテル」になる可能性があると思う。

(うめきた2期「北街区」に進出する)

 

阪急阪神ホテルズ 概要

施設名阪急阪神ホテルズ
所在地大阪市北区大深町・うめきた2期「南街区賃貸棟・東棟」
客室数482室(5階~28階)
客室面積23㎡中心
延床面積(ホテル部分)21,740㎡
付帯施設レストラン・バー・ラウンジ・フィットネス
開業2024年下半期

 

 

うめきた2期「南街区賃貸棟(西棟・東棟)」の概要

うめきた2期(現地 完成予想図)
名称

(仮称)うめきた2期南街区賃貸棟(西棟・東棟)

所在地大阪市北区大深町
用途オフィス・ホテル・商業施設
敷地面積25,262.07㎡
建築面積17,586.72㎡
延床面積314,250㎡(ホテル部分21,740㎡)
容積率対象面積277,882.77㎡
構造鉄骨造(一部鉄筋コンクリート造・一部鉄骨鉄筋コンリート造)
高さ181.50m(西棟)
階数地上39階・地下3階(西棟)/地上28階・地下3階(東棟)
ホテル客室数482室
建築主三菱地所・大阪ガス都市開発・オリックス不動産・関電不動産開発・積水ハウス・竹中工務店・阪急電鉄・うめきた開発特定目的会社
設計三菱地所設計・日建設計・大林組・竹中工務店
施工うめきた 2 期共同企業体(竹中工務店・大林組)
着工2020年12月中旬
竣工2024年11月下旬

建築計画のお知らせ

東立面図

配置図

2020年12月撮影

 

うめきた2期の「南街区」に2ホテル、「北街区」に1ホテルの合計3ホテルが開業する予定。

街区ホテル名(運営会社)客室数開業時期
南街区ウォルドーフ・アストリア大阪(ヒルトン系・最上級ラグジュアリーホテル)252室2025年上半期
アップスケールホテル(阪急阪神HD)482 室2024年度下期
北街区キャノピーby ヒルトン大阪梅田(ヒルトン系・ライフスタイルホテル)308室2024年度上期
error:Content is protected !!
タイトルとURLをコピーしました