京都の高級ホテル1泊10万円 大阪の高級ホテルは1泊5万円 いつから差がついた?【富裕層ビジネス】

2014年のザ・リッツカールトン京都(134室)の開業以来、京都では1泊10万円以上の高級ホテルの進出が相次いでいる。

一方、大阪の高級ホテルは、セントレジスホテル大阪(160室)やコンラッド大阪(164室)の5万円が最高となっている。

 

京都の高級ホテル(1泊10万円)

  • 2014年   ザ・リッツカールトン京都(134室)
  • 2015年   翠嵐ラグジュアリーコレクションホテル(39室)
  • 2016年   フォーシーズンズホテル京都(123室)
  • 2019年     パークアイアット京都(70室)・アマン京都(26室)
  • 2020年11月 ホテルザ三井京都(161室)開業予定

 

京都は観光、大阪はビジネスという宿泊目的の違いはあるが、やはり、大阪は富裕層を取り込めていない。

10年前の京都は修学旅行用の低価格のホテルやお土産屋も多く、大阪とそれほど違いがないように思えた。むしろ、外資系高級ホテルは大阪の方が多いくらいだった。

しかし、今では、高級ホテルの客単価では京都の方が2倍も高くなっているし、国内ホテルチェーンも京都に最高級ホテルを開業する動きがある。

 

大阪にも1泊10万円の高級ホテルを誘致すべき

そろそろ、大阪にも1泊10万円クラスの高級ホテルを5軒くらい誘致すべきではないか?

それは、ホテルだけ建設すればいいというものではなく、ホテル周辺の街区を作り変えるくらいの意気込みが必要だ。

また、富裕層ビジネスを理解するため、アメリカのコーネル大学の「ホテル経営学」のような教育機関を大学に設置することも必要だと思う。

2021年2月にWホテル大阪(337室)が開業する。本来はセントレジスの次の価格帯だと思うが、アジアの富裕層の取り込みを期待して、セントレジスと同じ価格帯の5万円前後になるのではないか?

やはり、外資系ホテルも大阪で1泊10万円のホテルを展開するつもりはないようだ。

大阪市・府の担当者も、本気で富裕層を取り込む気がないようだ。一方で「IRを誘致して富裕層を取り込む」と言っているのだから、ちょっと整合性がとれていないのではないか?

というか、大阪市・府の担当者も本当のところ「富裕層ビジネス」を分かっていないのではないか?分からずに適当に計画を進めるよりも、「富裕層ビジネス」に詳しい外部の人材を利用する方法もあると思う。

error:Content is protected !!
タイトルとURLをコピーしました