コラム 小説 ニュース 話題

欧米で「IKIGAI(生き甲斐)」という概念が広がっている

更新日:

BSで「IKIGAI(生き甲斐)」について放送していた。

欧米人は「仕事を単なる収入を得る手段」として考える。

日本のように「生き甲斐」という概念そのものがない。

 

生き甲斐とは?

  1. 自分の好きな事、趣味、特技を生かす
  2. 社会の役に立つ、社会に認められる
  3. 収入を得る

日本独自の概念「生き甲斐」だが、多くの日本人は「生き甲斐」を見い出せていないのではないか?

 

「自分探し」と「生き甲斐探し」

「自分探し」とは「自分は何者か?」を探すことだと思う。

しかし、社会と切り離して、自分だけを探しても結局、答えは出ないだろう。

「自分探し」から出発して、内省生的に考えるのではなく、社会との関係を考え直すと「生き甲斐探し」になるのかもしれない。

 

コメント

観葉植物を育てると、性格がポジティブになるという。成長する物を見ると、自分も成長しているように感じられるからという。

大阪の発展を書いている「ブログ」を毎日見ると、その人の人生も豊かになるかもしれない。

結局、このブログを見なさいってことだ。

アドセンス

スポンサーリンク



アドセンス

スポンサーリンク



関連コンテンツ



-コラム 小説, ニュース 話題

error: Content is protected !!

Copyright© 関西散歩ブログ , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.