ホテルインターゲート大阪梅田(386室)2021年4月に開業延期【JR大阪駅から西へ徒歩5分】

完成予想図

サンケイビル(東京)と不二鉱材(大阪市)は、大阪市北区に複合ビルを建設しており、2021年4月に「ホテルインターゲート大阪 梅田(HOTEL INTERGATE OSAKA UMEDA by GRANVISTA)を開業する。2020年12月開業予定だったが延期された。

建物の規模は、18階建、客室数386室で、設計・施工は竹中工務店が担当し、ホテル運営はサンケイビルグループのグランビスタ ホテル&リゾート(東京)が担当する。

場所は、JR大阪駅から徒歩5分、大阪メトロ西梅田駅から徒歩3分の西梅田地区に位置する。

「新サンケイビル」(共同所有)と「サンケイビル別館」(サンケイビル所有)の2棟を解体し、ホテル、オフィス、店舗の複合ビルとして再開発するもの。

 

2019年12月(南から撮影)

左の建物は「ハービスOSAKAオフィスタワー(高さ約190m)」で、右の建物はサンケイビルの「ブリーゼタワー(高さ約175m)」。

 

ホテルインターゲート大阪梅田 物件概要
名称新サンケイビル
所在地大阪市北区梅田2-5-1
用途ホテル・事務所・店舗
敷地面積1,738.29㎡
建築面積1,046.85㎡
延床面積16,781.54㎡
容積対象面積15,345.93㎡
高さ69.745m
構造鉄筋コンクリート造・鉄骨造・鉄骨鉄筋コンクリート造
階数地上18階・地下1階・塔屋1階
客室数386室
建築主サンケイビル
設計竹中工務店大阪一級建築士事務所
施工竹中工務店
着工予定2019年2月1日
竣工予定2020年10月30日

 

客室イメージ

 

インターゲートラウンジのイメージ

 

2019年12月(東から撮影)

 

2019年11月撮影

 

立面図

 

配置図

 

アクセス

 

コメント

「インターゲートホテル大阪梅田」の完成予想図を見て、沖縄県那覇市の「JR九州ホテルブロッサム那覇」を思い出した。

JR九州ホテルブロッサム那覇

 

JR九州ホテルブロッサム那覇

もしかすると、こんな感じの仕上がりになるかもしれない。

error:Content is protected !!
タイトルとURLをコピーしました