ニュース 話題 大阪市/大阪府

大阪・夢洲カジノ(IR 統合型リゾート)完成予想図公開

2018/07/21

コメント

大阪府と大阪市はIR(統合型リゾート)を誘致しているが、IR法案の成立が遅れており、2023年のIR開業も遅れる可能性が高い。

その結果、2025年の万国博覧会誘致が成功すれば、IR(統合型リゾート)と万博を同時並行的に整備することになり、開発日程がタイトになってくる。

出典 大阪府

夢洲にはコンテナターミナルなどの物流拠点がすでに稼働しており、高級ホテルの立地にはふさわしくない。

現行のプラン・日程のままIR(統合型リゾート)を進めれば、思ったよりも世界から集客できない可能性がある。

とういうよりも外資の本命は、東京近郊にIR(統合型リゾート)を作ることであり、大阪に進出するというのは、あくまでも東京がIR(統合型リゾート)に立候補していないからに過ぎない。

ただでさえ、日程的に厳しい中、2018年4月~5月に野党が19連休した結果、大阪の再開発が遅れる可能性が高い。

大阪IRが停滞している間に東京がIRに名乗りを上げれば、大阪IRは誘致失敗する可能性もある。

万博の開催期間は半年で、よくわからないテーマの割には入場料は4,000円~5,000円と気軽に行ける金額ではない。

2025年の万博は諦めてIRに注力した方がいいのではないか?

関連コンテンツ



-ニュース 話題, 大阪市/大阪府

error: Content is protected !!