コラム 小説 ニュース 話題

【ブロガー私見】新型コロナウイルス 日本は「20万人~60万人死亡」を受け入れ経済活動を再開せざるを得ない

更新日:

専門家でも日本ではインフルエンザで毎年1万人が死亡しているのだから、新型コロナウイルスは怖くないと言う人がいる。

しかし、全世界の致死率は3.5%とインフルエンザの0.1%の35倍(35万人死亡)、また主要国で致死率が最も低い韓国の0.7%でも7倍(7万人死亡)なので季節性インフルエンザとは全く違う。

東日本大震災や阪神淡路大震災の10倍規模の国難と言える。

 

国別新型コロナウイルス肺炎 死者数(2020年3月11日頃)

国名 感染者数 死者数 致死率
世界全体 117,000人 4,251人 3.6%
中国本土(除く香港マカオ) 80,754人 3,136人 3.8%
イタリア 10,149人 631人 6.2%
イラン 8,042人 291人 3.6%
韓国 7,869人 66人 0.8%
フランス 1,126人 19人 1.7%
日本(クルーズ船以外) 568人 12人 2.1%
日本(クルーズ船) 696人 7人 1.0%
アメリカ 647人 25人 3.8%

コメント

全世界の致死率は3.6%だか、新型コロナウイルスの感染者8割は風邪のような症状で病院に行かないのでPCR検査もされないため統計に反映されていない。

例えばイタリアの感染者数は10,149人だが彼らは肺炎などの重傷者で、それ以外に軽症者(風邪のような症状)が4倍いて、実際の感染者数は50,745人と予想される。この場合の致死率は1.2%となる。

また陰性者も含めて検査した「ダイヤモンド・プリンセス号」の致死率は1.0%だか高齢者が多かったので全世代平均ならばもっと低くなると思われる。

実際、韓国は陰性者も含めて全世代を検査しており、致死率は0.8%となっている。

 

致死率0.7%の場合の日本の死者数

日本の人口 感染率 致死率 死者数
1億2600万人 30% 0.7% 26万人
1億2600万人 50% 0.7% 44万人
1億2600万人 70% 0.7% 62万人

当ブログの試算では、日本全体で26万人~62万人が死亡することになる。

しかし、10代~40代の場合の致死率は0.1%~0.2%とインフルエンザと同じか2倍程度になっている。

今後1ヵ月~2ヵ月で、世代別に感染率や致死率を精査して、10代~40代の致死率が0.1%~0.2%と確認できれば、その世代の行動制限をやめて自由に経済活動すべきだ。

さらに、数か月以内に「26万人~62万人の死者数」を受け入れ経済活動を元に戻すべきではないか?

もちろん、職場や公共交通機関で検温し37.5度以上であれば強制的に休ませたり乗車拒否する。1日8時間労働を厳守し強制的に残業をゼロにするという働き方の改革も必要だ。

そろそろ、出口戦略を考える時ではないか?

アドセンス

スポンサーリンク



アドセンス

スポンサーリンク



関連コンテンツ



-コラム 小説, ニュース 話題

error: Content is protected !!

Copyright© 関西散歩ブログ , 2020 All Rights Reserved Powered by STINGER.