(大阪市淀川区)阪急十三駅の東側に超高層タワーマンション(40階・高さ142m・660戸)2026年竣工に1年延期「もと淀川区役所跡地」(阪神阪急不動産・高松建設)

出典 大阪市

大阪市淀川区は、もと淀川区役所跡地等活用事業の事業予定者について、阪急阪神不動産を代表事業者、髙松建設を共有事業者とすることと決定した。

阪急阪神不動産と髙松建設は、阪急電鉄「十三駅」の東側に、40階建・高さ142m・総戸数660戸の超高層複合タワーマンション(70年の一般定期借地権)と別敷地に「学校施設棟」を建設する。

2022年12月に着工し、2026年6月に開業予定。

出典 大阪市

東側敷地西側敷地
40階建・高さ142m8階建・高さ25.90m
  • 約660戸の分譲マンション(4F~40F)
  • 保育・学童施設(3F)
  • 市立図書館(2F)
  • スーパーマーケット(1F)
学校施設棟(医療・スポーツ系専門学校)

阪急阪神不動産と高松建設は市有地(合計5,418.73㎡)を70年間の一般定期借地権契約で賃借(月額8,619,000円)する予定。

東側敷地

2021年11月(東敷地:北西から撮影)

2021年11月(左:東側敷地 / 右奥の更地:西側敷地)

2021年11月(東敷地:西から撮影)

付近には「小規模な休憩用ホテル」が複数ある

2021年11月(東敷地から道路を挟んだ南の建物)

2021年11月(東敷地:南側の道路)

2021年11月(東敷地:南東から撮影)

2021年11月(東敷地:東側の道路)

2021年11月(東敷地の北側「阪急十三駅方面」を撮影)

2021年11月(東敷地の北側の道路)

西側敷地

2021年11月(西側・学校施設)

今後のスケジュール

労災保険関係成立票の期限は2022年2月15日なのでそのころに解体が完了すると見られる。

  • 2021年10月 定期借地権設定契約締結(一般定期借地権 2021年10月1日から70年間)
  • 2022年12月 施設整備工事着工
  • 2026年6月  図書館開館(予定)「40階建て複合施設棟2F」に入居予定

40階建て複合施設棟+付属棟 物件概要

名称もと淀川区役所跡地「40階建て複合施設棟」+「学校棟」
所在地大阪市淀川区十三東1丁目21番3他
用途住宅・図書館・スーパーマーケットなど
敷地面積6,476.62㎡(5,418.73㎡+1,057.89㎡)
建築面積3,852㎡(2,916㎡+936㎡)
延床面積74,373㎡(70,196㎡+4,177㎡)
容積対象面積54,634㎡(54,594㎡+40㎡)
戸数660戸
階数地上40階+地上8階
構造鉄骨造・鉄筋コンクリート造
高さ142m(付属棟25.90m)
事業者阪急阪神不動産(代表事業者)・髙松建設(共有事業者)
設計
施工
着工予定2022年12月
竣工予定2026年6月

出典 大阪市

出典 大阪市

アクセス

2021年11月(十三駅前通)

error:Content is protected !!
タイトルとURLをコピーしました