with コロナで注目される関西企業 時価総額で「キーエンス」は「ソニー」を超え、「シマノ(自転車)」は「日産自動車」や「スズキ」を超えた

コロナの影響で、関西企業の時価総額はどうなったか調べてみると、大阪府堺市に本社を置く「シマノ」(自転車)が、自動車大手の日産自動車やスズキを超えていた。

  • 世界で唯一「換気できるエアコン」を製造販売する「ダイキン工業」の時価総額は5兆6512億円とパナソニックの2兆2720億円の2倍以上になっている。ちなみに、ダイキン工業は2022年開業の「大阪梅田ツインタワーズ・サウス」(阪神百貨店建替2期部分)に本社を移転すると2020年6月に発表した。
  • 高年収で有名なキーエンスの時価総額は11兆343億円で、ソニーの10兆7517億円を超えている。
  • 「あつまれ どうぶつの森」の売上が好調な「任天堂」の時価総額は7兆0284億円に増加している。

 

時価総額(2020年8月19日終値)
時価総額順位会社名時価総額
1位トヨタ自動車23兆4772億円
2位ソフトバンク13兆3684億円
3位キーエンス11兆0343億円
4位ソニー10兆7517億円
10位任天堂7兆0284億円
15位三菱UFJ5兆8063億円
16位ダイキン工業5兆6512億円
62位パナソニック2兆2720億円
63位シマノ2兆1362億円
65位クボタ2兆1140億円
66位スズキ2兆390億円
70位野村HD1兆8830億円
74位大和ハウス工業1兆7768億円
75位日産自動車1兆7760億円
86位オムロン1兆6128億円
89位東芝1兆5697億円
90位NEC1兆5443億円
98位楽天1兆3614億円
withコロナの3つのキワード
  1. 健康・医療
  2. オンライン(Eコマース)
  3. リモート(非接触)
  • withコロナでは、健康・医療が注目されることは当然で、阪大発のバイオベンチャー「アンジェス」が新型コロナワクチンの開発を関西企業と共同で行っている。
  • 関西にはIT企業は少ないが、Eコマースに必要な「倉庫内の自動物流装置」はダイフク(大阪市西淀川区・連結売上4,400億円)の得意分野だ。
  • 非接触については、オムロン(京都市・連結売上8,600億円)がアパホテルと非接触チェックインシステムを開発しており、時価総額では東芝やNECを超えている。
  • 自転車部品製造販売の「シマノ」は時価総額で、日産自動車やススキなどの自動車メーカーを超えている。

コロナ禍でも、頑張っている関西企業は多い。その波及効果が関西全体に広がればいいと思う。マスコミもこういう企業を取材すべきではないか?

error:Content is protected !!
タイトルとURLをコピーしました