交通 大阪市/大阪府

北大阪急行線延伸計画(箕面、地下鉄)2020年開業

2017/11/17

新箕面駅(出典 箕面市)

北大阪急行線延伸事業は、現在、千里中央駅まで運行している北大阪急行線(地下鉄御堂筋線と直通)を、千里中央駅から北へ約2.5km延伸し、「箕面船場駅」と「新箕面駅」(みのおキューズモール)の2駅を新設するもの。

千里中央駅  ←1.2km→ 箕面船場駅  ←1.3km→ 新箕面駅
←2.5km→

スポンサーリンク



2017年1月に着工しており、事業費650億円を投じて2020年度の開業を目標としている。

新箕面駅は高架駅で2Fレベルで「みのおキューズモール」と直結する。

想定運賃(当ブログ試算)

  • 新箕面駅~箕面船場駅 160円
  • 新箕面駅~千里中央駅 160円
  • 新箕面駅~梅田駅   470円(所要時間24分)
  • 箕面船場駅~梅田駅  450円

ちなみに、梅田駅~千里中央駅の運賃は現在360円なので、梅田駅~新箕面駅間の運賃470円は、110円高くなっている。

現在、新箕面駅予定地~千里中央間の路線バス運賃は220円なので「バス+北大阪急行」を使って梅田駅に行く場合580円かかるが、延伸により470円と110円安くなる。

ちなみに、「みのおキューズモール」直通有料シャトルバスは往復で220円。

 

箕面船場駅周辺イメージ

出典 箕面市

箕面船場駅は、地下3Fにプラットフォームが建設される。

 

まとめ

箕面船場地区は、梅田駅から直通電車でアクセスできるようになり、ビジネス街として発展する可能性がある。

阪急箕面駅と北大阪急行新箕面駅間は約2.4kmの距離なので、その間の住宅地からはどちらかの駅まで約1.2km徒歩15分以内で行けるようになる。

新箕面駅にはバスターミナルもあるので、郊外の住宅地からバスで新箕面駅に行き、そこから電車で梅田駅に行けるようになる。

梅田駅~新箕面駅の運賃470円は阪急梅田駅~箕面駅の270円と比較すると割高になっている。

これは、梅田駅~江坂駅は大阪市営地下鉄で、江坂駅~新箕面駅は北大阪急行と別会社になっているためと思われる。

2.5kmの延伸で650億円かかるので、1km当たり建設費は260億円となる。

関連コンテンツ



-交通, 大阪市/大阪府

error: Content is protected !!