ニュース 話題 大阪市/大阪府

高麗橋吉兆本店敷地に「リソルホテル」2020年開業

高級料亭「吉兆」を運営する本吉兆(大阪市)は、高麗橋吉兆本店をホテルを併設した店舗に建て替える。

2018年3月末に営業を休止して、敷地の8割を買い取った大和ハウス工業がホテルを建設する。

本吉兆は残りの土地に新店舗を建てて、2019年春に営業を再開する。

リソルホテル(東京都)が、「高麗橋吉兆本店」敷地の再開発で、「ホテルリソルトリニティ」ブランドのホテル(客室数224室)を出店する。

ホテルは大浴場を備え、2019年1月に着工し、2020年春の開業を目指している。

リソルホテルは、京都に出店しているが、大阪エリア初出店となる。

スポンサーリンク



仮称)大阪市中央区高麗橋二丁目プロジェクト 物件概要

  • 所在地  大阪市中央区高麗橋二丁目
  • ホテルブランド 「ホテルリソルトリニティ」
  • 構造     鉄骨造
  • 階数     地上13階
  • 客室数  224室 (ダブル18平米 176室、ツイン20~22平米48室)
  • 設計    大和ハウス工業
  • 施行    大和ハウス工業
  • 着工    2019年1月
  • 竣工    2020年3月

場所は、御堂筋沿いの旧三和銀行本店と北浜の超高層マンション「ザ・キタハマ」の中間付近。

アクセス

コメント

現在「吉兆」の駐車場として使用している場所に店を建て替え、来年春にオープンする予定となっている。

関連コンテンツ



-ニュース 話題, 大阪市/大阪府

error: Content is protected !!