ニュース 話題 プロジェクト 大阪市/大阪府

【2025年までに】関空に1,000億円を投資 第1ターミナル改修1,000万人増加

投稿日:

神戸新聞によると、関西エアポートは2025年までに関西空港に1,000億円規模の投資を行う。

関空第1ターミナル改修に700億円を投じ、旅客受け入れ能力を1,000万人増加させる。

また防災対策に約300億円をかけ、護岸のかさ上げ、電源施設の地上移転を行う。

(従来は270億円の予定だったが、上乗せすると思われる)

引用・参照 神戸新聞

https://www.kobe-np.co.jp/news/keizai/201902/0012044593.shtml

スポンサーリンク



関空旅客受け入れ能力(当ブログまとめ)

ターミナル 年間処理能力 年間処理能力(2025年)
第1ターミナル 2,500万人 3,500万人
第2ターミナル 835万人 835万人
合計 3,335万人 4,335万人

2018年の関西空港の年間利用者数は2,894万人だった。

コメント

現在、関空第1ターミナルの設計上の年間処理能力は2,500万人だが、これを2025年までに、1,000万人増加させ3,500万人とする。

しかし、ターミナルを増築するとは記事に書いていない。

もし、増築しないのであれば、自動化機器を導入して旅客1人当たり時間を短縮するしない。

ターミナルを増築しないで1,000万人も増加できるのだろうか?

スポンサーリンク


スポンサーリンク


関連コンテンツ

スポンサーリンク





-ニュース 話題, プロジェクト, 大阪市/大阪府

error: Content is protected !!

Copyright© 関西散歩ブログ , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.