【2018年上半期】関空・伊丹空港・神戸空港利用者数

関西エアポートは、2018年6月の関空・伊丹空港・神戸空港の利用者数を発表した。そこで、2018年1月~6月の半年間の利用者数を集計してみた。

2018年1月~6月の半年間の利用者数

空港名合計国際線国内線
関西空港1,495万人1,159万人335万人
伊丹空港772万人772万人
神戸空港155万人155万人
合計2,422万人1,159万人1,262万人

関空の利用者は2018年1月~6月で1,495万人となった。このペースで推移すれば年間利用者数3,000万人が視野に入って来る。

さらに3空港合計で、2,422万人(2018年1月~6月)となり、このまま行けば年間利用者数は約4,900万人程度と予想される。

3空港合計で5,000万人という目標も今年か来年には達成できそうな勢いがある。

スポンサーリンク


関空=熊本線新規就航

ジェットスター・ジャパンは2018年10月27日(土)より、関空=熊本線を1日1往復の運航を開始する。

2018年10月27日(土)のみのスケジュール

  • GK675 関空(11:30) ⇒ 熊本(12:45)
  • GK676 熊本(13:30) ⇒ 関空(14:40)

2018年10月28日(日)以降のスケジュール

  • GK675 関空(15:45) ⇒ 熊本(17:05)
  • GK676 熊本(16:20) ⇒ 関空(17:25)

使用機材 エアバスA320

座席数    180席

error:Content is protected !!