ニュース 話題 交通 大阪市/大阪府 神戸/兵庫

【2019年上半期】過去最高 関西3空港の利用者数 合計2,592万人【関空・伊丹・神戸空港】

更新日:

関西空港(筆者撮影)

関西3空港 年間利用者5,000万人へ

2019年上半期(1月~6月)の関西3空港の利用者数は2,562万人となり過去最高を記録した。

関西空港の総旅客数(国内線+国際線)は1,615万人で前年比+8%増加した。これは中国などアジアからのインバウンド客が増加してること、ハワイ向けLCC利用者の増加が要因と思われる。

関西エアポートでは、関西3空港(関空、伊丹、神戸)の年間総旅客数5,000万人を目標としており、下半期もこのままのペースで推移すれば2019年に目標を達成する見込みとなる。

 

2019年上半期 関西3空港の利用者数

空港名 利用者合計 国際線 国内線
関西空港 1,615万人(+8%) 1,271万人(+10%) 344万人(+2%)
伊丹空港 790万人(+2%) ------ 790万人(+2%)
神戸空港 157万人(+1%) ------ 157万人(+1%)
合計 2,562万人(+6%) 1,271万人(+10%) 1,291万人(+2%)

伊丹空港

ホテル増加の影響

大阪市内では2019年の1年間だけでホテル客室数が約10,000室増加する見込みで、ホテルに余裕ができたためインバウンド客が増加したと思われる。

逆に言うと、今まではホテル不足のため、インバウンド客が大阪に宿泊できなかった可能性がある。

インバウンド客は1週間~2週間の長期旅行することが多い。土曜日に満室になっていれば、長期の予約が取れずに旅行を控えることがある。

今後は、そういった長期滞在のインバウンド客も増加すると予想される。したがってキッチン付きのサービスアパートメントのような宿泊施設の需要が高まるかもしれない。

インバウンド客が増加したからと油断することなく、その先を見て動かないといけない。

神戸空港

先日、大阪メトロ御堂筋線の梅田駅で、「天王寺駅行」の電車は「なんば駅」に停車するのかと外国人に聞かれた。

大阪に住んでいると常識だが、外国人から見ると「説明不足」のことも多いと思う。

例えば、日本の電車内では日本語、英語、中国語、韓国語の4か国語表示されている。

しかし、駅間1分の場合は15秒ずつしか表示されず、1回見逃すと次の駅に到着してしまう。

駅間の短い路線で、4か国語表示は本当に外国人の役に立っているのだろうか?

神戸空港の6月の利用者は過去最高の約26万人と前年比1%増加だった。

関西エアポートの利用者数には「幼児」が含まれるが、神戸市の発表する数字には「幼児」は含まれない。

スポンサーリンク


スポンサーリンク


関連コンテンツ

スポンサーリンク





-ニュース 話題, 交通, 大阪市/大阪府, 神戸/兵庫

error: Content is protected !!

Copyright© 関西散歩ブログ , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.