ニュース 話題 プロジェクト ホテル 神戸・兵庫

「神戸三宮バスターミナル・ツインタワー(高さ165m)」 2022年度以降着工 【雲井通5丁目再開発】

更新日:

 

出典 神戸市

三菱地所を代表事業者とする「雲井通5丁目再開発(三菱倉庫、神鋼不動産、東畑建築事務所、再開発評価)」は、神戸市がJR三ノ宮駅前で進めている「雲井通5丁目地区再整備事業」の都市計画案を神戸市に提出した。

神戸市の公表した参考図によると高さは「約165m」となっている。

 

出典 神戸市

区域面積 約13,000平米
容積率 約1,050%(現在600%・700%)
建築面積 約7,500平米
建ぺい率 約90%(現在 80%)
延床面積 約100,000平米
高さの最高限度 165m

 

今後のスケジュール

2019年度末頃 都市計画決定
2020年度 第一種市街地再開発事業施行認可手続き
2021年度 権利変換認可手続き
2022年度 工事着手(工事期間は約5年を想定)
2027年 工期5年から計算

 

出典 神戸市

 

位置図

コメント

今回公表されたのは「雲井通5丁目地区再整備事業(神戸三宮ツインタワー1期)」で、隣接地の「雲井通6丁目地区再整備事業(神戸三宮ツインタワー2期)」計画もある。

従来の計画では2025年度以上完成予定だったが、今回公表された資料によると2022年度着工で工期は5年なので2027年度以降に完成すると思われる。

従来発表された計画では「地上32階・地下3階」で、ホールは1,800席規模だった。

また、高層階には「ホテル」、中層階は「オフィス」「図書館」が設置される。

 

出典 神戸市

南側敷地(海側)に高層ビルが建設される。

 

(従来の)神戸三宮ツインタワー1期ビル 物件概要

延床面積 約10万平米
階数 地上32階・地下3階
着工 2020年度予定
竣工 2025年度予定
勤務者 約1,500人
高層部 15フロアをオフィスフロアとする
中層部 神戸文化ホール
低層部 西日本最大級のバスターミナル

 

新・神戸文化ホール整備基本計画(案)

ホール名 場所 座席数 完成予定
大ホール(多目的) 神戸三宮ツインタワー1期 1,800席 2027年度以降
中ホール(多目的) 神戸三宮ツインタワー2期 800席 2029年度以降
中ホール(音楽) 神戸市役所2号館建替 700席 2025年度以降

 

ご参考

神戸三宮ツインタワー1期は計画では高さ約165mとなるが、中津駅(大阪市)に高さ約168mの超高層マンションが建設されているのでイメージとして参考になるかもしれない。

2019年9月(左はブランズタワー梅田 North高さ168m)

中津駅(大阪市)周辺の超高層ビル

名称 高さ 階数 竣工
ブランズタワー梅田North 約168m 50階 2020年2月予定
ザ・セントラルマークタワー 約122m 37階 2015年
ザ・ファインタワー梅田豊崎 約152m 45階 2019年3月
ピアスタワー 約132m 28階 1996年
ホテル阪急インターナショナル(アプローズタワー) 約161m 34階 1992年

アドセンス

スポンサーリンク



アドセンス

スポンサーリンク



関連コンテンツ



-ニュース 話題, プロジェクト, ホテル, 神戸・兵庫

error: Content is protected !!

Copyright© 関西散歩ブログ , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.