ニュース 話題 交通 京都

【2018年7月】 京都の交通事故死者数が半減【前年比-51.4%】

京都府の交通事故死者数は、2018年1月1日~7月26日までで18名で、前年同期間の37名から-19名減少している。

減少率(前年同期比)は-51.4%で、47都道府県で最大の減少率となっている。
スポンサーリンク


京都府の交通事故死者数が減少した理由

京都府警は2016年7月、事故の多発する場所、時間、高齢者の居住実態などが地図上に表示する「交通事故分析システム」を導入しており、その成果かもしれない。

従来の地理情報(GIS)に基づく交通事故分析システムは、事故の発生地点を表示する図、発生密度を濃淡で表示する図などに分かれ、様々に図を見比べる必要があった。

新しい地理情報(GIS)に基づく交通事故分析システムは、各種の情報を1枚の図に表示できるようになり、視覚的に把握しやすくなった。

例えば、高齢者が多数訪問するスーパーを「交通安全モデル店舗」に指定し、半径500mエリアで高齢者宅を訪問し事故も防止活動を行い、その効果を検証することもできるようになった。

 

京都府内の交通事故死者数

交通事故死者数
平成20年(2008年) 102
平成21年(2009年) 101
平成22年(2010年) 96
平成23年(2011年) 103
平成24年(2012年) 106
平成25年(2013年) 70
平成26年(2014年) 69
平成27年(2015年) 87
平成28年(2016年) 60
平成29年(2017年) 66
平成30年(2018年7月26日まで) 18

スポンサーリンク


関西の府県の交通事故死者数

府県名 2018年7月26日まで 2017年(年間)
滋賀県 18 55
京都府 18 66
大阪府 70 150
兵庫県 78 161
奈良県 18 40
和歌山県 18 38

コメント

京都府は交通事故死者数が半減しているが、兵庫県は関西地方で一番交通事故死者数が多い。

関連コンテンツ



-ニュース 話題, 交通, 京都

error: Content is protected !!