ニュース 話題 ホテル 京都・奈良

【2022年春】帝国ホテル 京都祇園の「弥栄会館」を改修、高級ホテル(70室)開業へ

2019/10/10

 

弥栄会館(2019年6月撮影)

帝国ホテル(東京)は、京都市東山区祇園の弥栄会館(国登録有形文化財)を改修し、富裕層向けに高級ホテル(70室程度)として開業することで所有者「八坂女紅場学園」と基本合意した。

場所は、祇園甲部歌舞練場の北側で、「八坂女紅場学園」から賃貸し帝国ホテルが改修し2022年春に開業する予定。

帝国ホテルが、東京以外に進出するのは、上高地帝国ホテル(長野)、帝国ホテル大阪に次ぎ3店舗目となる。

2019年6月現在、大規模な改修工事が実施されている感じはなかった。

 

花見小路側から撮影(2019年6月)

 

花見小路(2019年6月)

花見小路は、歩行者と車両が混在し、危険な感じがする。この立地は「富裕層」向けホテルにふさわしいのだろうか?

 

「和コーン」

竹製のカラーコーンカバーで、通常のプラスチックコーンの上に被せて使用する。ネットでは、1個約5,000円で販売されている。

和コーン

弥栄会館 物件概要

名称 弥栄会館(やさかかいかん)
所在地 京都市東山区祇園町南側570-2
階数 地上5階・地下1階
構造 鉄骨鉄筋コンクリート造
建築面積 1,272平米
設計 木村得三郎
施工 大林組
竣工 1936年

アクセス

関連コンテンツ

スポンサーリンク





-ニュース 話題, ホテル, 京都・奈良

error: Content is protected !!