「ららぽーと門真」と「三井アウトレットパーク 大阪門真」2023年春開業 合計250店舗(京阪「門真市駅」徒歩8分)

(出典 三井不動産)

三井不動産は大阪府門真市に「三井ショッピングパーク ららぽーと門真」と「三井アウトレットパーク 大阪門真(MOP大阪門真)」の複合型商業施設を2023年春に開業する。

なお、「三井ショッピングパーク」と「三井アウトレットパーク」の複合施設は全国初となる。

これに伴い「三井アウトレットパーク 大阪鶴見(MOP大阪鶴見)」は2023年3月12日(日)に閉館し、「三井アウトレットパーク 大阪門真(MOP大阪門真)」として移転し、店舗数を70店舗から100店舗に拡張する。

全体の敷地面積は約16ha、延床面積は約25haで、4街区に分かれて開発されている。

アクセスは、京阪・大阪モノレール「門真市駅」から南へ徒歩約8分。

地図

建物配置図(出典 三井不動産)・左が北方向(門真市駅)

街区名施設名敷地面積事業者
A街区
  • ららぽーと門真(150店)
  • 三井アウトレットパーク 大阪門真(100店)
116,700㎡三井不動産
B街区分譲マンション(11階建・155戸)5,600㎡三井不動産レジデンシャル
C街区(仮称)コストコ ホールセール門真倉庫34,000㎡コストコホールセールジャパン
D街区東和薬品オフィス7,700㎡東和薬品
合計164,000㎡

 

2022年5月(店舗棟4階建)北から撮影

施設名フロア店舗数画像
ららぽーと門真1階と3階150店舗
MOP大阪門真主に2階100店舗
  • 3Fに、フードコートを設置する
  • 建物中央には吹き抜けのセンターコートを設置する

 

A街区の「商業施設棟」(ららぽーと門真)と(三井アウトレットパーク 大阪門真)、及び「立体駐車場2棟(4,300台)」の建設が進んでいる。

  • 「ららぽーと門真・三井アウトレットパーク 大阪門真」の規模は、敷地面積12ha、店舗数250店、地上4階建、延床面積約10ha、基本設計は石本建築事務所、実施設計・監理は竹中工務店、施工は竹中工務店(商業棟)が担当する。
  • 駐車場棟2棟は6層7段、延床面積2棟9ha、駐車台数4300台で、基本設計は石本建築事務所、実施設計・監理は竹中工務店、施工は綿半ソリューションズが担当する。
  • (仮称)コストコホールセール門真倉庫店は2023年夏以降に開業する。

2022年5月(店舗棟4階建)北西から撮影

2022年5月北から撮影(左:店舗棟4階建)・(右:駐車場棟)

2022年5月北から撮影(駐車場棟6層7段)

 

2022年5月西から撮影(駐車場棟)

2022年5月(西駐車場棟を拡大)6層7段まで到達している

2022年5月南西から撮影(左:西駐車場棟・右:商業棟)

2022年5月西から撮影(左:西駐車場棟・右:商業棟)

西側の前面道路(中央環状線)から建物までかなりの空間があるが、ここに「モノレール(仮称)松生駅」が建設される予定。

 

敷地用途棟数延床面積高さ階数
A敷地
  • ららぽーと門真
  • MOP大阪門真
  • 立体駐車場棟
3棟105,000㎡(商業棟)・93,000㎡(立駐2棟)26m・24m地上4階(商業業)・地上6階(立駐2棟)
B敷地共同住宅155戸2022年10月末予定未定11階
C敷地商業施設(コストコ門真)・ガソリンスタンド2棟46,900㎡(商業業)・700㎡(ガソリンスタンド)19.5m地上3階(商業業)・地上1階(ガソリンスタンド)
D敷地オフィス1棟

 

ららぽーと門真・三井アウトレットパーク 大阪門真 物件概要

出典 三井不動産

施設名ららぽーと門真・三井アウトレットパーク 大阪門真
計画名門真市松生町計画
所在地大阪府門真市松生町204番3他
敷地面積116,700㎡
延床面積196,800㎡(商業施設103,000㎡・立体駐車場93,800㎡)
構造鉄骨造(店舗棟)・鉄骨造(立体駐車場棟)
階数地上4階建(店舗1階~4階)・6層7段(立体駐車場2棟)
店舗数約250店舗
店舗面積約66,300㎡
駐車台数約4,300台
事業主三井不動産
着工2021年10月
竣工・開業2023年春
設計基本設計:株式会社石本建築事務所
実施設計・監理:株式会社竹中工務店
施工店舗棟:株式会社竹中工務店
立体駐車場棟:綿半ソリューションズ株式会社
環境デザイン株式会社船場
最寄り駅京阪・大阪モノレール「門真市駅」から南へ600m(徒歩8分)

 

2022年5月南西から撮影(左:西駐車場棟・右:商業棟)

2022年5月南から撮影(左:西駐車場棟・右:商業棟)

南側の更地には(仮称)コストコ ホールセール門真倉庫が建設される予定で、「ららぽーと門真・三井アウトレットパーク 大阪門真」よりも遅れて2023年夏以降に開業する。

2022年5月南東から撮影(左:西駐車場棟・中央:商業棟・右:東駐車場棟)

2022年5月北東から撮影(左:東駐車場棟・左:商業棟)

東駐車場棟は今後、右方向に建設していくと思われる。

2022年5月東から撮影(商業棟)

2022年5月(店舗棟前)東から撮影

国道163号線から進入する車線が1車線増加している。

2022年5月東から撮影

2022年5月北から撮影

建築計画の概要

京阪門真市駅(大阪モノレール門真市駅)から南に約600m徒歩8分だが、中環沿いの歩道は整備されており歩きやすい。駅直結ではないがアクセスはいい方だと思う。

2029年には、敷地に隣接するモノレール新駅「(仮称)松生駅」が開業する予定。

 

売上高は300億円~400億円か?

近畿地方の「ららぽーと」の売上高(当ブログまとめ)

店舗名店舗面積売上高店舗数開業
ららぽーと甲子園60,000㎡217億円(2015年)150店舗2004年
ららぽーと和泉55,000㎡280億円(計画)218店舗2014年
ららぽーとEXPOCITY71,000㎡532億円(2017年度)312店舗2015年
三井アウトレットパーク 大阪鶴見9,300㎡80億円70店舗1995年3月
ららぽーと門真・三井アウトレットパーク 大阪門真66,300㎡300億円~400億円(予想)250店舗2023年春

ららぽーと門真・三井アウトレットパーク 大阪門真の店舗面積は66,300㎡で「ららぽーとEXPOCITY」の71,000㎡より若干狭い。

したがって、「ららぽーと門真・三井アウトレットパーク 大阪門真」の売上高も「ららぽーとEXPOCITY」の532億円よりもやや少ない300億円~400億円程度ではないか?

 

大阪モノレール延伸事業(仮称)松生駅 追加設置

出典 大阪府

大阪モノレールは、大阪空港駅から門真市駅および彩都西駅の合計28kmが開通しており、すでに2029年開業予定で、門真市駅から南へ8.9km延伸することが決定している。

2021年9月、大阪府は、延伸距離はそのままで、新設駅を4駅から5駅に増加させると公表した。

具体的には、現在の終点である「門真市駅」の次に「(仮称)松生駅」を新設する。

「(仮称)松生駅」の東側では、三井不動産が「(仮称)ららぽーと門真(コストコ併設)」を建設している。

出典 大阪府

名称(仮称)松生駅
所在地大阪府門真市松生町地内
駅構造島式ホーム構造
駅延長約100m

出典 大阪府

過去写真

 

2021年2月(西から撮影)

 

2021年2月(北西から撮影)

2021年2月(南西から撮影)

敷地の西側は「中央環状線」に面しており、車アクセスが非常にいい(2021年2月撮影)

 

2021年2月(北西から撮影)

敷地北側も国道163号線に面しており、車アクセスがいい。

 

2017年3月末、三井不動産(本社 東京)は大阪府門真市内のパナソニックの工場の土地16ヘクタールを約200億円(推定)で取得していた。

パナソニックの工場は京阪「門真市駅」の北側とやや離れた南側の2ヵ所にあるが、今回売却されたのは「南門真地区」の工場で、AV製品を製造していた。

 

出典 パナソニックHP

「開発事業の概要」2021年2月現地で撮影
error:Content is protected !!
タイトルとURLをコピーしました