ニュース 話題

野党18連休で、IR法案廃案か?大阪のカジノ誘致失敗?大阪再開発急ブレーキ

2018/05/09

野党は2018年4月20日から国会審議拒否し、18連休。

IR(統合型リゾート)法案も今期国会での成立は絶望的となり、その間、世界情勢が変化すれば、5,000億円~1兆円といわれる投資もとん挫する可能性がある。
スポンサーリンク


現在、大阪のホテル建設は好調だが、これも「IR法案」成立を見込んで先回りして投資している面もある。

もし、「IR法案」が廃案となると、大阪のホテル建設、用地買収計画も中止・延期になる可能性がある。

例え、半年遅れでも、その間、企業は別の都市に数百億円投資するので、大阪への投資余地がなくなる可能性もある。

民間企業は野党のように18連休なんてありえなし、半年も仕事せずに法案成立を待つわけにはいかない。

今後、東京都がIR(統合型リゾート)に名乗りを上げたら、外資はみんな東京に投資先を変更するだろう。

再開発はタイミングが重要で、それを逃すと10年~20年遅れる場合もある。

 旧大阪中央郵便局跡地(2018年4月)

例えば、旧大阪中央郵便局建替えも、鳩山邦夫総務大臣(当時)が東京中央郵便局建替えにパフォーマンスでクレームをつけた余波で旧大阪中央郵便局も保存問題が浮上、訴訟になり、再開発が大幅に遅れている。

東京、名古屋、博多の郵便局はすでに再開ビルに建替えられ、大阪だけ、着工もしていない状態が何年も続いている。

今回の野党の18連休、また左翼系団体が「IR法案廃止」の訴訟をすれば、大阪の再開発が10年~20年遅れる可能性もある。

関連コンテンツ



-ニュース 話題

error: Content is protected !!