京都マルイ 2020年5月12日(火)閉店【閉店理由と神戸マルイの今後】

京都マルイ

「京都マルイ」は2020年5月末閉店予定だったが、新型コロナウイルス感染拡大による休業が続いており、2020年5月12日(火)に前倒しで閉店した。

 

京都マルイとは?

京都マルイは2011年に、四条河原町阪急の後継テナントとして住友不動産が所有する「京都住友ビル」の地下1階から地上6階まで合計8,760㎡で営業を開始した。

但し、7階~8階は阪急商業開発が「モザイクダイニグ四条河原町」を展開している。

近隣の高島屋京都店、藤井大丸、四条烏丸の大丸京都店、あるいはJR京都駅のジェイアール京都伊勢丹などと競争が激しく年間売上高は48億円と低迷しており2020年5月12日に閉店した。

京都マルイの年間売上高は48億円と神戸マルイの45億円よりも多いが、京都マルイの建物の賃貸期限(10年間)が到来することからが閉店を決断したとされる。

 

2019年3月期 マルイ店舗別年間売上高

店舗名 売上高 売場面積
北千住マルイ 387億円 35,300㎡
新宿マルイ 300億円 30,590㎡
なんばマルイ 110億円 17,000㎡
京都マルイ 48億円 8,760㎡
神戸マルイ 45億円 6,940㎡

 

観光客の多い京都でなぜ撤退?

大阪のデパートは訪日外国人向け免税品の販売額が増加しており、それにより全体の売上高も増加している。

なぜ訪日外国人観光客が多い京都から撤退するのか?

実際に京都河原町、四条通に行ってみると訪日外国人が購入する「有名ブランド品」が少なく、また地元客も少ないように思えた。

京都の中心地は地価が上昇、景観条例による高さ制限強化によりマンション建設が減少し、京都人の多くは京都市郊外に住むようになってきており、京都郊外から河原町に買物に行く機会が減少していると思われる。

マルイの顧客層である20代~30代女性は、河原町に行っても混雑して「買物」だけに終わってしまうのであまり面白くないのかもしれない。

京都市の郊外の住民は、大阪へ行くのも便利なので、大阪の堀江、中崎町、グランフロント大阪、ルクアなどに20代~30代女性が行っているのではないか?

ただ、老舗の高島屋京都店や大丸京都店は、40歳以上の中高年富裕層の取り込みに成功しており売上高はそれほど減少していない。

 

コメント

京都の外国人観光客が増加したため、京都の人口が郊外に流出し、マルイの顧客層である20代~30代女性は、京都郊外のショッピングモールや大阪などに行くようになったと思われる。

さらに、訪日外国人も取り込めていないので京都マルイの閉店は当然と言えるかもしれない。

 

マルイとは?

マルイは若者向けファッションに強いイメージがあるが、月賦百貨店が発祥で「日本百貨店協会」には加盟しておらず正式には「百貨店」ではなく、OPA(オーパ)などの同じファッションビルという業態に近い。

 

マルイの経営戦略

マルイはインターネット通販が主流になると見て「小売事業」よりもクレジットカードなどの「フィンテック事業」に注力している。

マルイのフィンテック事業はクレジットカードの他に、保険、証券、不動産などに拡大している。

 

2019年3月期セグメント別営業利益

事業 営業利益2019年3月期 事業別営業利益の比率
小売 114億円 28%
フィンテック 350億円 85%
全社・消却 53億円 -13%
連結 412億円 100%

マルイの営業利益は、小売事業の114億円に対してフィンテック事業は350億円と小売事業の約3倍になっている。

マルイの経営方針は、小売事業からフィンテックに重心を移しており、京都マルイの閉店もそのような経緯から決定したと思われる。

京都では「現金払い」が多く「クレジットカード」の利用が少ない。

また、地元志向が強く金融分野でも京都銀行が圧倒的に強く、大手都市銀行でも京都銀行にはかなわない。

そのような閉鎖的な京都でマルイがフィンテック分野で成功する可能性は今後も低かったと思われる。

 

神戸マルイの今後は?

神戸マルイはWkikipediaによると2003年の開業初年度売上高は172億円だったが、2019年3月期には年間売上45億円まで減少している。

ただ、神戸三宮周辺では三宮ターミナルビルの三宮OAPが閉店しており、神戸阪急ビル東館の建替え工事も2021年に竣工する予定なので当面は閉店することはないと思われる。

error: Content is protected !!