ニュース 話題 大阪市/大阪府

【南御堂】に「大阪エクセルホテル東急(仮称)」(約360室)

2018/05/24

南御堂「真言大谷派難波別院」の「御堂会館」の建替にあたり、積水ハウスグループの積和不動産関西株式会社を事業者とし、60年間の定期借地権の設定し、株式会社東急ホテルズが運営する「エクセルホテル東急」を建設する。

2018年5月

スポンサーリンク


積和不動産関西南御堂ビル(仮称)物件概要

名称 (仮称)積和不動産関西南御堂ビル
住所 大阪市中央区久太郎町四丁目68番5
用途 ホテル
敷地面積 2,515.58平米
建築面積 2,589.76平米
延床面積 22,224.18平米
階数 地上17階
客室数 360室
構造 鉄骨造 一部鉄骨鉄筋コンクリート造
建築主 積和不動産関西株式会社
設計(建築・設備) 株式会社IAO竹田設計
設計(構造) 竹中工務店
建築施工 竹中工務店
着工 2017年9月7日
竣工 2019年10月(予定)

定期借地権設定期間は、2017年10月1日から2077年9月30日までの60年間となる。

 

 

ホテル計画概要

現地案内板を撮影

名称 大阪エクセルホテル東急(仮称)
17階 レストラン、イベントスペース
16階 フロントロビー、プレミアムルーム
5階~15階 客室(360室)
客室面積 シングル(23平米)、ツイン(32平米)

 

コメント

フロントロビーが16階となるので、一度、16階でチェックインしてから、5階~15階の客室に行く動線になると思われる。

リーガロイヤルグラン沖縄も同じように上層階でチェックインする形になっている。

必ず、フロントの前を通って客室に行くことになるのでセキュリティが確保される。

ホテルとしては、高級ホテルと思われる。

関連コンテンツ



-ニュース 話題, 大阪市/大阪府

error: Content is protected !!