大阪市北区堂島浜二丁目計画(地上40階・高さ162m・総戸数514戸・ホテル・事務所)2026年8月竣工 旧古河大阪ビル本館・西館 (三菱地所レジデンシャル)

2022年4月(西から撮影)

三菱地所レジデンシャルは、(仮称)大阪市北区堂島浜二丁目計画を2022年10月に着工し、2026年8月に竣工する予定。

建物の規模は、地上40階建・高さ約162m・分譲住宅総戸数514戸+ホテル+事務所で、設計は清水建設が担当する。

旧「古河大阪ビル本館」と「古河大阪ビル西館」の再開発計画で、アクセスは大阪メトロ「肥後橋駅」から徒歩3分~5分。JR大阪駅から徒歩10分。

地図

大阪市北区堂島浜二丁目計画 物件概要

2022年6月(南東から撮影)

名称(仮称)大阪市北区堂島浜二丁目計画
所在地大阪市北区堂島浜二丁目4番1外
用途分譲共同住宅(514戸)・ホテル・事務所
敷地面積5,755.23㎡
建築面積3,250.00㎡
延床面積75,102.00㎡
容積率対象面積53,500.00㎡
構造
  • 鉄筋コンクリート造・鉄骨造(分譲共同住宅・ホテル)
  • 鉄骨造・一部鉄筋コンクリート造(事務所)
階数
  • 地上40階・地下1階(分譲共同住宅・ホテル)
  • 地上2階(事務所)
高さ
  • 161.85m(分譲共同住宅・ホテル)
  • 8.65m(事務所)
戸数
  • 514戸(分譲共同住宅)
  • ホテル客室数は未発表
建築主三菱地所レジデンシャル
設計清水建設
施工未定
着工予定2022年10月下旬
竣工予定2026年8月末日
アクセス
  • 大阪メトロ「肥後橋駅」徒歩3分~5分
  • JR大阪駅徒歩10分

建築計画のお知らせ

立面図

配置図

当ブログ作成のため、100%の正確性はありません

「古河大阪ビル本館」と「古河大阪ビル西館」の2棟の敷地(土地)の持ち分の6割超を「三井不動産レジデンシャル」(東京)が取得すると報道されている。

2022年6月(北から撮影)

2022年6月(北西の隣接地)

2022年6月(北西から撮影)

2022年6月(北西から撮影)

2022年4月(南西から撮影)

2022年6月(南から撮影)

  • 解体工事は清水建設が担当しており、労災保険関係成立票によると、解体期間は2020年3月1日~2022年10月31日
  • 注文主は「古河機械金属」
  • 「三井不動産レジデンシャル」は土地の6割超のみを取得し、解体される建物の所有権は取得しなかったと思われる

 

当ブログの予想(未確認)

立面図をみると3層に分かれているようだ。

分譲マンションとして付加価値をつけて販売するにため上層階を「分譲マンション100戸」、中間層に「ホテル150室~200室」、4階~25階に「分譲マンション414戸」となるのではないか?

総延床面積が75,102.00㎡だが、分譲住宅部分は総戸数514戸から予想すると延床面積約5万5000㎡、ホテル部分は2万㎡と予想される。

また、ホテル客室数を逆算すると150室~200室ではないか?

 

2021年11月

2021年11月(古河大阪ビル西館)

 

2021年11月(古河大阪ビル西館)南から撮影

 

2021年11月(古河大阪ビル本館)北側から撮影

 

古河大阪ビル本館・西館 物件概要

施設名古河大阪ビル本館古河大阪ビル西館
所在地大阪市北区堂島2-1-29大阪市北区堂島浜2-1-9
階数地上9階・地下3階地上7階・地下2階
竣工1965年3月1973年3月
合計敷地面積(2棟合計)約5,000㎡
error:Content is protected !!
タイトルとURLをコピーしました