名古屋・栄「錦三丁目25番街区」に地上41階建・高さ210mビル 2026年8月開業「外資系高級ホテル(コンラッド)」入居(三菱地所・日本郵便不動産・明治安田生命・中日新聞)

出典 名古屋市

三菱地所など4社は名古屋市中区栄の「錦三丁目25番街区」に高さ210mの超高層ビルを建設する。

建物の規模は、地上41階建・高さ210.68m・延床約11万㎡で、2022年に着工し2026年8月の開業を目指す。

愛知県と名古屋市は高級ホテル誘致に合計20億円を補助制度があり、本物件にも適用されることが決定している。

(地上36階建てから地上41階建てに変更になったが、一部は変更前の画像を使用)

出典 名古屋市

フロア内容
1階・10階・11階・31階~40階ヒルトン系高級ホテル「コンラッド」
中層階(12階~30階?)オフィス
低層階(4階~6階)変更前シアター
低層階(地下2階~4階)変更前高級商業施設(J.フロントリテイリング)

このビルの最上部には、ヒルトン系高級ホテル「コンラッド」が入居する。客室は31階~40階で客室数は166室(うちスイートルーム 33室)、平均客室面積は62.15㎡。

イメージとして、スタンダードルームで50㎡、スイートルームは80㎡~150㎡程度かもしれない。

また、中層階はオフィス、低層階はシアターと高級商業施設(J.フロントリテイリング)が入居する予定。

建物の地下部分は栄地下街とつなげ、地下鉄「栄駅」からビル経由で地上に出られるようにする。

出典 名古屋市

 

出典 名古屋市

2020年7月に「J・フロントリテイリング」と基本協定を締結したが、2020年9月に「パルコ」が地位継承するスキームになっており、パルコ主導で開発が行われる可能性がある。

したがって、デパートではなく「GINZA SIX」「上野フロンティアタワー」「大丸心斎橋店本館」「渋谷パルコ」などのような高級専門店が入居する商業施設となるのではないか?

 

名古屋市中区「錦三丁目25番街区」計画

名称錦三丁目25番街区市有地等活用事業
所在地愛知県名古屋市中区錦3丁目25番街区
用途高級ホテル・オフィス・・シネコン・高級商業施設
敷地面積4,866.40㎡(変更前)/当ブログ予想では5,450㎡に拡大か?
建築面積約4,300㎡
延床面積約109,075㎡(うちホテル専用23,962㎡)
容積率2,000%(当ブログ試算)
構造
高さ210.68m
階数地上41階・地下4階
建築主三菱地所・日本郵便不動産・明治安田生命保険・中日新聞社
設計
施工者
着工2022年
開業予定2026年8月
アクセス地下鉄「栄駅」直結

出典 名古屋市

フロア構成(変更前の計画)

出典 名古屋市

 

地図出典 J・フロントリテイリング
error:Content is protected !!
タイトルとURLをコピーしました