ニュース 話題 大阪市/大阪府

中之島ダイビル(大阪市北区)2018年5月大規模空室発生か?

2018/02/18

中之島三井ビルディング(左)と中之島ダイビル(右)

ケイ・オプティコム本社が2018年1月に中之島ダイビルからOBP(大阪ビジネスパーク)の「ケイ・オプティコムビル」に移転した。

その結果、中之島ダイビルに約9,000平米という大規模な空室がでるようだ。

2018年2月現在、約3,000平米が成約予定となっており、空室は6,000平米と思われる。

スポンサーリンク


中之島ダイビルの空室情報(予定)

面積 入居可能時期
18階 878平米 2018年5月
19階 1,506平米(成約予定) 2018年5月
20階 1,510平米 2018年5月
21階 1,475平米 2018年5月
22階 1,510平米(成約予定) 2018年5月
23階 1,510平米 2018年5月
24階 557平米 2018年5月
合計 8,946平米

 

中之島ダイビルの物件概要

住所 大阪市北区中之島3-3-23
竣工 2009年3月
階数 地上35階、地下2階
構造 鉄骨造(S造)
敷地面積 10,097平米
延床面積 79,543平米
駐車場 171台

 

コメント

中之島ダイビルは京阪中島線「渡辺橋駅」直結で2009年竣工の新しいビルだが、大阪駅直結のグランフロント大阪へ移転した企業も多い。

中之島ダイビルへは、JR大阪駅からは徒歩15分と歩くには遠い。また地下鉄四つ橋線の「西梅田駅」から「肥後橋駅」を利用しても、JR大阪駅から西梅田駅は微妙に多いし、「肥後橋駅」から中之島ダイビルへ行くにも徒歩5分くらいかかる。

JR大阪駅から中之島エリアへのアクセス改善が必要と思われる。

中之島のリーガロイヤルホテルはJR大阪駅間に無料シャトルバスを運行している。

JR大阪駅から中之島エリアまで「うめぐるバス」(1回100円)のようなループバスがあれば便利だ。

さらに、なにわ橋筋線が開業すると、中之島エリアへのアクセスが便利になる。

 

中之島ダイビル「与太呂」

中之島ダイビル「与太呂」は、北浜の「与太呂」とは別の系列のようで、以前は新ダイビルの近所にあったが移転した。

鯛めしも有名で、ランチは1,000円からある。(写真は約4,000円の鯛めしコース)

中之島ダイビルのレストランは、フレンチの「ヴァリエ」、洋菓子の「五感」(販売のみ)、「丸福珈琲店」、「サトウ花店中之島本店」など関西を代表するような名店が入居している。

ちなみに「サトウ花店」は昭和3年に当時、中之島にあった旧阪大病院にお花屋さんを開業したのが発祥となっている。

そういう意味で中之島エリアは超高層ビル街になっても大阪の歴史を新しい形で感じられるところと言える。

関連コンテンツ



-ニュース 話題, 大阪市/大阪府

error: Content is protected !!