ニュース 話題 大阪市・大阪府

南海なんば駅南「駐車場」 再開発か?【ニッピ社有地】

更新日:

2019月9月撮影

南海電車「なんば駅」南の駐車場の一部で再開発が始動する可能性がある。

駐車場の北側部分のアスファルトが剥され更地化している。今後、埋蔵文化財調査が行われる可能性がある。

 

2019月9月撮影

この駐車場は、「ニッピ」(東京)の所有地で、全部で約9,000平米なので北半分だけでも4,000平米~5,000平米と見られる。

容積率が1,600平米まで緩和されると、延床面積は最大80,000平米という大規模な再開発となる可能性がある。

 

大阪『ミナミ』の玄関口となる南海並びに市営地下鉄夫々の難波駅から、南側に広がる旧大阪市難波土地区画整理事業区域内の略中央に位置する当社所有地(9000㎡弱)の周辺では、(中略)今しばらくは弾力的・流動的に対応する予定で、暫定的に駐車場として有効活用を図っております。

引用 「ニッピ」https://www.nippi-inc.co.jp/tabid/84/Default.aspx

 

2019月9月撮影

 

2019月9月撮影

コメント

一般的な開発の場合、「北敷地」に「ホテル・オフィス・商業施設」を配置し、「南敷地」に「マンション」を建設することが多い。

ただ、マンションは竣工時に購入代金がすべて支払われるので資金回収が一番早いため、マンションが建設できるのであれば最優先でマンションの建設することが多い。

また、敷地を2分割して開発する場合、半分の土地を売却してその売却代金で残った敷地に建物を建設することもある。

 


株式会社 ニッピ 会社概要

商号 株式会社ニッピ
設立 1907年
株式 東証ジャスダック上場
従業員 142名
本社 東京都足立区千住緑町1-1-1
事業 コラーゲン
ゼラチン
化粧品
皮革関連
不動産業
食品

 

旧大阪市難波土地区画整理事業

大阪市難波土地区画整理事業は、旧大阪球場を含む14.5haの土地区画整理事業ですでに平成24年(2012年)に完了している。

出典 大阪市

 

出典 大阪市(当ブログで加工)

 

難波地区計画

種目 面積
道路 34,015平米
公園 9,572平米
宅地 85,944平米
保留地 15,746平米
合計 145,277平米

出典 大阪市

事業者

大阪スタヂアム興業
クボタ
高島屋
南海電気鉄道
ニッピ(難波ニッピ都市開発)

 

再開発事業内容

建物 竣工時期
なんばパークス 平成15年10月(2003年)
ヤマダ電機 平成18年3月(2006年)
オリックスリアルエステート・マンション 平成19年8月(2007年)
ゼップ・ナンバ(大阪) 平成24年4月(2012年)

アドセンス

スポンサーリンク



アドセンス

スポンサーリンク



関連コンテンツ



-ニュース 話題, 大阪市・大阪府

error: Content is protected !!

Copyright© 関西散歩ブログ , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.