【大阪市天満橋駅前】旧日経新聞大阪本社など敷地面積8,000㎡の再開発(A地区高さの最高限度100m・容積率800%)

出典 大阪市

建設ニュースによると、大阪市中央区の天満橋駅前の旧日経新聞大阪本社(A地区)とテレビ大阪本社(B地区)を2段階で建替える。

敷地面積はA地区(5,000㎡)とB地区(3,000㎡)の合計で約8,000㎡。

引用・参照 https://www.constnews.com/?p=85699

 

  • 「A地区」—先行して、旧日経新聞大阪本社ビル(A地区)を解体し、新ビルを建設。このビルには「テレビ大阪本社」が移転し、宿泊施設(ホテル)も入居する。
  • 「B地区」—その後、現在の「テレビ大阪本社」などが入居するビル(B地区)を解体し、オフィス、マンション、商業施設が入居する複合ビルに建替える。
  • 敷地内には、水辺のオープンスペースも確保し、天満橋駅から大阪城公園までの歩行者空間を整備する。

 

旧日経新聞大阪本社

 

(解体工事前)
旧日経新聞大阪本社(A地区) 建替計画
名称旧日経新聞大阪本社(A地区) 建替計画
所在地大阪市中央区大手前1丁目2など
用途テレビ局(低層階)、ホテル(高層階)
敷地面積約5,000㎡(A地区)
建築面積
延床面積約40,000㎡(当ブログ予想)
容積率対象面積容積率800%
ホテル客室数
階数地上20階~24階(当ブログ予想)
構造
高さ100m(最高限度)
建築主
設計
施工
着工予定
竣工予定

出典 大阪市

東側から撮影

左に大阪城が見える

A地区の最高限度(高さ)100m

大阪市は、(A地区)旧日経新聞大阪本社ビルの最高限度(高さ)を「高層部(100m)・中層部(45m)・低層部(25m)」の3段階に変更した。

テレビ局は広いスタジオを設置するため低層部・中層部にテレビ大阪が入居し、高層部(高さ100m)にホテルが入居すると見られる。

 

A地区の容積率800%

大阪市は、本物件(A地区)の容積率を600%から800%に引上げた。

A地区の敷地面積は5,000㎡なので、容積対象面積は40,000㎡と予想される。

 

清水建設が解体を担当し2021年5月31日に解体が完了する予定。

地図

テレビ大阪本社(左)と大手町センタービルディング(テレビ大阪西館)右
テレビ大阪本社(B地区) 建替計画
名称テレビ大阪本社(B地区) 建替計画
所在地大阪市中央区大手前1丁目2など
用途オフィス、マンション、商業施設
敷地面積約3,000㎡(B地区)
建築面積
延床面積
容積率対象面積
マンション戸数
階数
構造
高さ
建築主
設計
施工
着工予定
竣工予定

B地区の容積率も800%とすると容積率対象延床面積は24,000㎡で、総延床面積は30,000㎡と予想される。したがって、低層階にオフィスと商業施設が入居するとして、マンション戸数は100戸~150戸程度と予想される。

error:Content is protected !!
タイトルとURLをコピーしました