スポンサーリンク

新NISA「コアサテライト投資」よりも「インデックスファンド」が最強か?2024年1月の運用結果

(当サイトはアフィリエイト広告を利用しています)

新NISAが2024年1月から始まり、「コアサテライト投資」で投資してきた。

コアサテライト投資とは、投資資金の7割をコアとして「長期安定運用」、3割をサテライトとして「短期積極運用」する投資方法。

 

コアサテライト投資の結果

2024年1月(12営業日)の特定口座(課税口座)の利益は約42万円となった。

 

2024年1月(12営業日)の新NISA口座(非課税口座)の含み益は約12万円となった。

「特定口座の売買益」と「新NISA口座の含み益」の合計は約53万円の利益だった。

金額的には満足できる結果だが、投資利回りは5%で日経平均株価の上昇率9.8%の半分しかない。

 

年初から2024年1月22日までの投資利回り

  • 三菱USJ-eMAXIS SLIM 米国株式(S&P500)                  :6.3%
  • 三菱USJ-eMAXIS SLIM 全世界株式(オール・カントリー):4.8%
  • ニッセイ日経平均インデックスファンド                           :9.8%
  • 日経平均株価                                                              :9.8%

 

指数・銘柄 投資利回り
三菱USJ-eMAXIS SLIM 米国株式(S&P500) 6.3%

 

24,154円(2024年1月4日)

25,685円(2024年1月22日)

三菱USJ-eMAXIS SLIM 全世界株式(オール・カントリー) 4.8%

 

20,756円(2024年1月4日)

21,759円(2024年1月22日)

ニッセイ日経平均インデックスファンド 9.8%

 

21,036円(2024年1月4日)

23,100円(2024年1月22日)

日経平均株価 9.8%

 

33,288円(2024年1月4日終値)

36,546円(2024年1月22日終値)

結果論になるが、2024年1月22日までの「日経連動インデックスファンド」の投資利回りは9.8%で「S&P連動インデックスファンド」や「全世界株式ファンド(オルカン)」よりも成績がよかった。

個人が時間をかけて株式の分析をするよりも、インデックスファンドを購入した方が投資利回りがいいかもしれない。

もちろん、投資は10年~20年の長期間するもので、1か月間で結論を出すのは早計だが、「コアサテライト投資」が最適と言えないかもしれない。

ただ、実際に投資の勉強をして、実際に「コアサテライト投資」をした結果、そう分かったもので、頭の中で「考えた」だけでは、何にも得るものがない。

そういう意味で「コアサテライト投資」をしてよかったとも思う。

また、「コアサテライト投資」の投資利回り5%は、「全世界株式ファンド(オルカン)」の4.8%と同程度なので「コアサテライト投資」が間違っているとは言えない。

 

当記事は情報提供のみを目的としており、読者にいかなる投資も推奨するものではありません。投資は自己責任で行ってください。
error: Content is protected !!