【阿波座】旧日生病院解体工事【大阪市西区】

2019年10月(旧本館)

大阪市西区立売堀6丁目で「旧日生病院」の解体工事が施工されており2019年12月15日に完了する予定。解体工事は竹中工務店が担当する。

敷地面積は旧建物4棟の合計で約13,500㎡と思われる。

  • 本館
  • 別館
  • 予防センター
  • 駐車場

 

旧日生病院 概要
施設名旧日生病院
所在地大阪市西区立売堀6丁目3番8号
敷地面積13,533㎡
延床面積26,718㎡
階数地上7階・地下1階
病床数350床

なお、新病院は2018年4月30日に旧病院から約350m北の西区江之子島に移転開業した。

地図


2019年10月(旧本館)

 

2019年10月(旧別館)

 

2019年10月(旧予防センター)

 

2019年10月「左は旧別館」「右は旧本館」

生命保険会社は土地を長期所有するので売却の可能性は低いと思う。現地は大阪メトロ中央線「阿波座駅」から徒歩3分の好立地であるため、オフィスビル、ホテル、高級賃貸マンションなどの開発が考えられる。
error:Content is protected !!
タイトルとURLをコピーしました