「日本生命淀屋橋ビル」解体・建替工事 2022年10月竣工 【25階 高さ123m 延床面積約51,500平米】

完成予想図

日本生命は、大阪市北区の「日本生命淀屋橋ビル」を解体し「高さ約123m・25階建・ 延床面積約51,150平米」のオフィスビルに建替える。

すでに地上部分の解体がほぼ終了しており、2020年1月31日に解体完了、2020年2月に着工し2022年10月に竣工する予定。

解体工事と新築ビルの設計は大林組が担当し施工は未定となっている。

本物件の完成予想図は「日本生命浜松町クレアタワー(29階建 2018年9月竣工)大林組と大末建設の共同施工」とよく似ている。(記事中ほどに詳しく記載)

当ブログの予想では「大林組・大末建設・奥村組の共同施工(JV)」になると思う。

投資額は約200億円で制振構造のオフィスビルとなる。

大阪メトロ「淀屋橋駅」に直結し地下1階には「商業施設」が入居する。

日本生命が「クレアタワー(オフィスビル)」をシリーズ化(ブランド化)するなら、本物件も「日本生命淀屋橋クレアタワー」になるのではないか?

 

2020年1月(北東から撮影)

2020年2月に新築工事着工の予定だが「杭打機」が設置されている。もしかすると境界線付近の山留壁造成のためかもしれない。

また、北東角に「交番」があるが完成予想図や配置図には「交番」はない。「交番」の建物は仮設プレハブのようで最終的に別の場所に移転する可能性もあると思う。

 

2020年1月(南東から撮影)

 

2020年1月(敷地西側を撮影)

立体駐車場は、「既存部分」としてそのまま残ると思われる。

 

2020年1月

仮囲いには「大林組」と並んで「大末建設(大阪市 東証1部上場)」のロゴマークが掲示されている。

大末建設のHPを見ると東京の「日本生命浜松町クレアタワー(29階建 2018年9月竣工)」を大林組と共同施工していて、本物件の完成予想図とよく似ている。

日本生命浜松町クレアタワー|庁舎・オフィス|竣工実績|大末建設株式会社

日本生命浜松町クレアタワーの地下1階~地上4階は商業施設でタリーズコーヒーなどの飲食店やクリニックが入居している。

 

西隣の建物は計画外となる

スポンサーリンク


(仮称)新淀屋橋ビル 新築計画概要

名称(仮称)新淀屋橋ビル新築計画
所在地大阪市中央区 北浜3丁目
用途事務所・店舗・(既存 自動車車庫)
敷地面積4,666.74平米
建築面積2,600平米 (既存 249平米)
延床面積51,500平米(既存 2,018平米)
容積対象面積46,667平米(既存 1,603平米)
構造鉄骨造・一部鉄筋コンクリート(既存 鉄骨造)
高さ123m(既存建物40m)
階数地上25階・地下1階・塔屋2階(既存 地上2階)
建築主日本生命保険相互会社・大林組
設計者大林組
施工者大林組・大末建設・奥村組共同施工(JV)当ブログ予想
着工予定2020年2月1日
竣工予定2022年10月末日

 

立面図

 

配置図

 

アクセス

 

error:Content is protected !!
タイトルとURLをコピーしました