ニュース 話題 大阪市/大阪府

【2020年7月竣工予定】野村不動産「茶屋町プロジェクト」

2018年1月撮影

野村不動産が大阪市北区で、都市型商業施設「茶屋町プロジェクト」(2020年7月完成予定)を計画している。

以前、「KAINO」という看板が目立っていたトータルビューティーサロンの「KAINO梅田店」の跡地約330平米と思われる。

ただ、330平米では、商業施設としてはやや狭いので周辺の土地も買収する可能性もある。

あくまでも、当ブログが得た独自情報から計画地を予想したもので、確定ではありません。

スポンサーリンク


コメント

野村不動産の買収金額は公表されていないが、試算してみる。

1平米当たり地価 330平米の買収金額
200万円 6億6000万円
300万円 9億9000万円

野村不動産は高級マンション「プラウド」で有名だが、都市型商業施設も展開している。

2018年1月撮影

横の公道から見ると、すでに解体工事が始まっているようだ。

現地の南側では「茶屋町B-2計画」の事業化が進んでおり、茶屋町再開発の最終段階となる可能性がある。

 

現場近くの複合商業施設

関連コンテンツ



-ニュース 話題, 大阪市/大阪府

error: Content is protected !!