「星野リゾートOMO7大阪新今宮」 2022年4月開業(14階 436室)【大阪市西成区】

「星野リゾート OMO7 大阪新今宮」(おもせぶん おおさか しんいまみや)が2022年4月に開業する。

建物の規模は14階建・高さ66.85m・客室数436室で、設計は日本設計、施工は竹中工務店・南海辰村建設共同体が担当する。

星野リゾートが出資する「新今宮開発特定目的会社(旧名 ミナミホテルマネジメント)」が事業主となる。

2020年11月現在、14階建の10階くらいまで到達していると思われる。

変更前の完成予想図(20階建・高さ90m)出典 大阪市

客室数は436室で、客室面積は30㎡以上、温泉施設を設置するなど訪日外国人を意識した設計となっている。

星野リゾートの都市型観光ホテルブランド「OMO」としては「OMO7 旭川」「OMO5 東京大塚」に次ぐ3番目の施設となる。

 

南海電気鉄道は2019年6月、新今宮開発特定目的会社に対して20億円出資しており、南海電車「新今宮駅」(写真左手奥)を2022年3月を目途にリニューアル工事を実施する。

ちなみに「新今宮駅」の1日の平均乗降人員は97,603人。

柱の位置にXという番号(ラベル)を表示している。右端は「X13」なので、北面の柱の数は13本(12スパン)、両端のスパンは内側のスパンの半分くらいになっている。

配置図を見ると、建物の横幅は約100m~110mなので、柱の間隔は約8m~9mになる。

1スパンに2客室を配置するなら、1客室の横幅は4m~4.5mとなり、一般的なビジネスホテルよりもかなり広い。

内廊下にして、左右に客室を配置し、避難階段のスペースを考慮すると基準階の客室数は42室になる。

14階建の12階分を客室として試算すると、合計で504室となる。しかし、計画では客室数は436室なので、約70室程度の客室は、面積50㎡以上になるのではないか?

また、14階建で、高さが66.85mなので、階高は平均約4.8mとなる。ホテルの客室としてはかなり高く、もしかしたらメゾネットタイプ(またはロフト付)の客室も設定するかもしれない。

そもそも、一般的なホテルは「鉄骨造」が多いが、本ホテルは分譲マンションと同じ「鉄筋コンクリート造」で、長期滞在者にも対応できるように設計されたのかもしれない。

 

星野リゾート OMO7 大阪新今宮 物件概要
名称星野リゾート OMO7 大阪新今宮
所在地(地名地番)大阪市浪速区恵比寿西3丁目38番2
所在地(住居表示)大阪市浪速区恵比寿西3丁目16番以下未定
用途ホテル
敷地面積13,907.34㎡
建築面積7,648.33㎡
延床面積36,922.06㎡
容積率対象面積34,247.41㎡
高さ66.85m
構造鉄筋コンクリート造・一部鉄骨造
客室数436室予定(1室30㎡以上)
階数地上14階・塔屋2階
建築主新今宮開発特定目的会社(旧名 ミナミホテルマネジメント)
設計日本設計
施工竹中工務店・南海辰村建設共同体
起工式2019年5月28日
開業予定2022年4月

立面図

 

配置図

アクセス

 

出典 星野リゾート

「OMO」とは?「OMO」は星野リゾートが展開する「都市型観光ホテル」で「OMO7」はレストランなどを充実させたホテルとなる。「OMO5」は軽食レストランとなる。

また「OMOレンジャー」がホテル周辺を案内するガイドツアーの計画もある。

OMO7旭川の例

OMOレンジャーのカラーガイド内容
OMO GREEN街歩き(雑貨屋・カフェ巡り)
OMO RED酒場ツアー(愛酒家)
OMO YELLOW定番グルメ・ご飯
OMO BLUE路地裏グルメ
OMO PURPLEカルチャー

 

2019年10月(東側部分を撮影)

JR新今宮駅のホームから「通天閣」が見えるようにホテルを配置する計画で、ホテルの南敷地に「みやぐりん」と名付けられた緑豊かな丘のような屋外広場を設置する。

「みやぐりん」は「新今宮」の「みや」と、グリーンの「ぐりん」からイメージした愛称。

計画変更

当初は20階建ての計画だったが、14階建てに変更になり、延床面積も小さくなっている。

現在の計画の高さは66.85mで、階高は平均約4.8mとかなり高い。また、現地の建ぺい率は80%で、容積率は400%と思われる。

現在の計画当初計画
階数14階20階
高さ66.85m約90m
延床面積36,922.06㎡48,610㎡
客室数436室約600室
error:Content is protected !!
タイトルとURLをコピーしました