大阪公立大学「看護学部学舎(地上16階・延床面積約1.8万㎡)」増築 2024年12月竣工

大阪公立大学は、阿倍野区キャンパス内の看護学部学舎の増築工事に2022年8月に着工し、2024年12月に竣工する予定。

建物の規模は、地上16階建・延床面積約18,000㎡で、設計は公立大学法人大阪、施工は大林組が担当する。

アクセスは、JR・大阪メトロ「天王寺駅」から西へ徒歩10分。

地図

大阪公立大学「看護学部学舎」物件概要

名称大阪公立大学「看護学部学舎」
所在地大阪市阿倍野区旭町1-5
用途文教施設(学校)
敷地面積28,353.79 ㎡
建築面積1,691.75 ㎡
延床面積17,961.18 ㎡
建築主公立大学法人大阪
階数地上16階
構造鉄骨造
設計公立大学法人大阪
施工大林組
着工2022年8月1日
竣工予定2024年12月31日
  • 看護学部(1年次)-中百舌鳥キャンパス
  • 看護学部(2年次)-羽曳野キャンパス
  • 看護学部(3年次以降)-阿倍野キャンパス

2025年に「羽曳野キャンパス」は閉鎖される予定なので、2025年4月以降、看護学部(2年次以降)は阿倍野キャンパスで学習することになると思われる。

ちなみに、看護学部看護学科の入学定員は160名。

 

2022年開学時のキャンパス

キャンパス所在地学部等現大学
阿倍野キャンパス大阪市阿倍野区医学部・看護学部市大
杉本キャンパス大阪市住吉区法学部・経済学部・商学部・理学部市大
中百舌鳥キャンパス堺市中区現代システム・情報学部・工学部・農学部府大
りんくうキャンパス泉佐野市獣医学部府大
梅田サテライトキャンパス大阪市北区都市経営研究科市大大学院
羽曳野キャンパス羽曳野市保育・医療などの図書館・講堂など府大(2025年閉鎖予定)
  • 2022年の新統合大学開校時には6キャンパスで運営
  • 2025年に「森之宮メインキャンパス」が開設
  • 2025年に「羽曳野キャンパス」は閉鎖される予定で、「羽曳野キャンパス跡地」の売却益を新キャンパス建設費の一部に充てる計画もある。

 

error:Content is protected !!
タイトルとURLをコピーしました