大阪三菱ビル(仮称)建替計画 2024年4月竣工(32階 高さ147m)カンデオホテルズ大阪堂島浜(仮称)548室


出典 三菱地所(南東から)

三菱地所、三菱商事都市開発、積水ハウス、三菱UFJリースの4社は、大阪市北区堂島浜一丁目において(仮称)大阪三菱ビル建替計画を建設する。

建物の規模は地上32階建、高さ147m、延床面積67,000㎡で、設計は三菱地所設計・竹中工務店設計監理共同体、解体施工は竹中工務店が担当する。

低層階はオフイス、高層階は「カンデオホテルズ大阪堂島浜(仮称)548室」が入居する。

2021年10月に新築着工し、2024年4月に竣工する予定で、ホテル開業は2024年7月。

場所は大阪メトロ「淀屋橋駅」から北へ徒歩4分。

左の建物は「新ダイビル」で31階・高さ148m・延床面積約76,000㎡

 

2021年2月撮影

三菱UFJ銀行は大阪三菱ビルの不動産信託受益権をオーエム4特定目的会社(東京)に売却した。この「オーエム4特定目的会社」は三菱地所、三菱商事都市開発、積水ハウス、MULリアルティ
インベストメント(三菱UFJリース100%子会社)が出資津するTMK(特定目的会社)

 

フロア構成
フロア用途
1階~2階商業施設
3階~15階オフィス(総貸室面積約22,700㎡、基準階面積約1,760㎡)
16階(仮称)御堂筋プレゼンテーションギャラリー・展望テラス
17階~31階17階 ホテルロビー
18階~31階 カンデオホテルズのフラッグシップホテル(548室)
31階 地上135mの展望露天風呂(天空のスカイスパ)
敷地南側観光バス発着スペース(関空発着)
計画地南側観光船着き場

 

1階オフイスロビー(出典 三菱地所)

 

オフイスフロア(出典 三菱地所)

 

ホテル客室(出典 三菱地所)

完成予想図を見ると客室の横幅は3mくらいで、一般的な客室の縦長さは10mなので客室面積は30㎡くらいと予想される。

大阪三菱ビル(仮称)建替計画(OM計画)
名称大阪三菱ビル(仮称)建替計画(OM計画)
所在地(住居表示)大阪市北区堂島浜1-1-5
用途オフィス(3階~15階)・ホテル(17階~31階)・商業施設(1階~2階)・(仮称)御堂筋プレゼンテーションギャラリー(16階)
敷地面積3,571.88㎡
建築面積2,550㎡
延床面積67,000㎡
容積率対象面積57,150㎡
客室数548室(仮称)カンデオホテルズ大阪堂島浜
階数地上32階、地下2階、塔屋1階
構造鉄骨造(地下一部SRC造)
高さ147m
建築主オーエム4特定目的会社(東京都中央区日本橋1-4-1)
設計三菱地所設計・竹中工務店設計監理共同体
解体工事施工竹中工務店
着工予定2021年10月15んち
竣工予定2024年4月14日
地図

出典 三菱地所

建築計画のお知らせ

立面図

配置図

引用 大阪市

https://www.city.osaka.lg.jp/hodoshiryo/toshikeikaku/0000490919.html

本物件の立地は、大阪メトロ「淀屋橋駅」から徒歩4分と一般的には利便性は高い。

しかし「淀屋橋駅」直結のツインタワービル(高さ150m)が建設される予定で、徒歩4分と言えども立地的にはやや不利になる。

したがって、本物件は3面が道路に面しており車アクセスの利便性が高いというメリットを生かした高級路線となるのではないか?

2031年「なにわ筋線」開業により「中之島駅」で乗り換えて関空にアクセスできる。また、京阪中之島線が夢洲まで延伸されれば今後完成するIR(統合型リゾート)へ電車1本できるようになる。

 

堂島川(船着き場を設置する予定)

旧「大阪三菱ビルディング」 物件概要2019年9月撮影
名称大阪三菱ビルディング
所在地大阪市北区堂島浜1-1-5
敷地面積約3,500㎡
階数地上14階・地下4階
竣工1979年8月
error:Content is protected !!
タイトルとURLをコピーしました