「大阪三菱ビル」 建替え計画 高さ最高限度147m 容積率1,600%に変更 【三菱地所が購入 複合ビル開発か?】

2019年9月撮影

大阪市は、大阪三菱ビル(敷地面積約3,500平米)の都市計画再生特別地区の変更案を公告し、高さの最高限度を147m、容積率を1,600%に引き上げる。

 

引用 大阪市

大阪都市計画案の公衆縦覧及び意見書の受付を実施します
問合せ先:都市計画局 計画部 都市計画課(06-6208-7870) 令和2年1月30日 14時発表  大阪市では、次の都市計画案について、公衆縦覧及び意見書の受付を実施しますのでお知らせします。 また、この案については、今後、大阪市都市..

 

三菱UFJ銀行は大阪メトロ「淀屋橋駅」に近い大阪三菱ビル(敷地面積約3,500平米)の売却手続きを進めており、売却先は三菱地所が有力と見られる。

引用・参照 日経メッセ

302 Found

2019年9月(淀屋橋側から撮影)

 

2019年4月(南側を撮影)

すでに、2019年4月にボーリング調査を行っている。

 

2019年9月(御堂筋側のピロティー)

コメント

大阪メトロ「淀屋橋駅」周辺では、駅直結の「淀屋橋ツインタワー」や「日本生命淀屋橋ビル」の建替計画があり、本物件「三菱大阪ビル」は駅から徒歩約3分だが立地的には不利だった。

「淀屋橋ツインタワー」や「日本生命淀屋橋ビル」の計画が公表され、ホテルが入居しないことが判明したことから本物件の計画が進んだ可能性がある。

当ブログの予想では、オフィスビルだけではなく落ち着いた雰囲気を生かして「ホテル」が入居する可能性もあると思う。

実際、近隣の「ANAクラウンプラザホテル大阪」は欧米系観光客が多く利用している。

敷地面積は約3,500㎡で容積率1,600%となるので延床面積は56,000㎡となる。容積率不算入面積を考慮すると60,000㎡~80,000㎡と思われる。

 

大阪三菱ビルディング 物件概要

名称 大阪三菱ビルディング
所在地 大阪市北区堂島浜1-1-5
敷地面積 約3,500平米
階数 地上14階・地下4階
竣工 1979年8月

 

アクセス

error: Content is protected !!