【大阪市堂島浜1丁目】「大阪三菱ビル」 建替え計画 高さ最高限度147m 容積率1,600%に変更 【複合ビル開発・解体元請 竹中工務店】

2019年9月撮影

大阪市は、大阪三菱ビル(敷地面積約3,500㎡)の都市計画再生特別地区の変更案を公告し、高さの最高限度を147m、容積率を1,600%に引き上げた。

今後、2021年10月中旬までに解体工事(元請け竹中工務店)を終了し、跡地は「オフィス」「ホテル」「商業施設」などの複合ビルに建替えられる。

引用・参照 建設ニュース https://www.constnews.com/?p=78101

 

大阪市の資料によると、

  • 建物の中高層に高水準ホテルを540室以上整備する
  • 敷地南側に観光バス発着スペースを整備する(関空発着)
  • オフイスとホテルの切り替え部に「大阪の観光・文化を発信する御堂筋プレゼンギャラリー」を整備し、展望機能も持たせる
  • 船着場の整備を協議中

 

ホテルブランド(当ブログ予想)

まずホテルの客室数540室以上は予想外に多い。例えばコンラッド大阪は客室面積50㎡以上としているため客室数は164室と少ない。したがって、超高級ホテルの可能性は低い。

大阪メトロ御堂筋線の駅からやや離れた立地で540室ものホテルを運営・集客できるホテルブランドはかなり限られる。

本件物件周辺には「ANAクラウンプラザホテル大阪」があり客室数は478室、延床面積44,770㎡、建物は1984年竣工なので築36年だが、2024年には築40年になる。そろそろ建替えしてもいい時期だ。但し、2025年の大阪万博が終了するまで、両方のホテルが営業するのではないか?

では「ANAクラウンプラザホテル大阪」はどうなるのか?こ地区は2031年春に「なにわ筋線」が開通すれば、中之島駅まで電車1本で行けるようになりアクセスが大きく改善する。やはり2031年頃開業をめどに建替えられるのではないか?

 

 

引用 大阪市

大阪都市計画案の公衆縦覧及び意見書の受付を実施します
問合せ先:都市計画局 計画部 都市計画課(06-6208-7870) 令和2年1月30日 14時発表  大阪市では、次の都市計画案について、公衆縦覧及び意見書の受付を実施しますのでお知らせします。 また、この案については、今後、大阪市都市..

三菱UFJ銀行は大阪三菱ビルの不動産信託受益権をオーエム4特定目的会社(東京)に売却した。ちなみに、「オーエム4特定目的会社」は三菱地所などで構成される。

引用・参照 建設ニュース https://www.constnews.com/?p=78412 「未来の地図」https://mirainochizu.net/?p=558

 

(仮称)堂島浜1丁目計画(当ブログ予想)
名称(仮称)堂島浜1丁目計画(旧大阪三菱ビル)
所在地大阪市北区堂島浜1-1-5
用途オフィス・ホテル・商業施設・ギャラリー兼展望室
敷地面積3,500㎡
建築面積2,500㎡~2,800㎡
延床面積60,000㎡~80,000㎡
容積率対象面積
客室数540室以上
階数地上30階~35階
構造鉄骨造
高さ147m
建築主オーエム4特定目的会社(東京都中央区日本橋1-4-1)
設計
解体工事竹中工務店
着工予定
竣工予定

2019年9月(淀屋橋側から撮影)

 

2019年4月(南側を撮影)

すでに、2019年4月にボーリング調査を行っている。

 

2019年9月(御堂筋側のピロティー)

 

コメント

本物件周辺には、大阪メトロ「淀屋橋駅」直結の「淀屋橋ツインタワー」や「日本生命淀屋橋ビル」の建替計画がある。

本物件「三菱大阪ビル」は駅から徒歩約3分だが、駅直結ビルを比較すると立地的には不利となる。

しかし、「淀屋橋ツインタワー」や「日本生命淀屋橋ビル」の計画が公表され、ホテルが入居しないことが判明したことから本物件の計画が進んだ可能性がある。

当ブログの予想では、オフィスビルだけではなく落ち着いた雰囲気を生かして「高級ホテル」が入居する可能性があると思う。実際、近隣の「ANAクラウンプラザホテル大阪」は欧米系観光客が多く利用しており、堂島地区の潜在的ホテル需要は高い。

敷地面積は約3,500㎡で容積率1,600%となるので延床面積は56,000㎡となる。容積率不算入面積を考慮すると延床面積は60,000㎡~80,000㎡と予想される。

 

大阪三菱ビルディング 物件概要
名称大阪三菱ビルディング
所在地大阪市北区堂島浜1-1-5
敷地面積約3,500㎡
階数地上14階・地下4階
竣工1979年8月

 

アクセス

error:Content is protected !!
タイトルとURLをコピーしました