大阪市/大阪府 建築

JR大阪駅 時空(とき)の広場

2017/05/21

JR大阪駅5F「時空(とき)の広場」

JR大阪駅の構造

JR大阪駅は北にノースゲートビル、南にサウスゲートビルがあり、それらは線路の上空で連絡橋で連結されている。

この連絡橋の幅は広く、「時空(とき)の広場」もこの連絡橋にある。

 

JR大阪駅ノースゲートビル

ノースゲートビルには、ルクア、ルクア1100(ルクアイーレ)がある。

サウスゲートビルには、大丸(デパート)とグランビアホテルが入居する。大丸にはユニクロ、東急ハンズなど入居している。

JR大阪駅のノースゲートビルとサウスゲートビルを連結する通路が「時空(とき)の広場」になっており、毎年、クリスマスのイルミネーションが装飾される。

またカフェも併設されている。期間限定でコナンカフェが出店していたのもこの連結通路「時空(とき)の広場」。

関連コンテンツ



-大阪市/大阪府, 建築

error: Content is protected !!